3/27 アーサー・ブライス逝く

閲覧回数 4,812 回

自らを“Black” アーサー・ブライスと称し、70年代から80年代にかけて最も輝いた(アルト)サックス奏者の一人、アーサー・ブライスが、去る3月27日カリフォルニア州ランカスターで死去した。ブライスは近年パーキンソン病で苦しんでいたことが知られている。享年76。
1940年7月5日、ロサンゼルスの生まれ。ホレス・タプスコットのThe Underground Musicians and Artists Association (UGMAA) に所属し、1969年、タプスコットの『The Giant is Awakened』でレコード・デビュー。70年代中期にNYに移住、ガードマンを経験した後、チコ・ハミルトンに見出され数年間チコのグループで活躍。その後は、ギル・エヴァンス・オーケストラ、レスター・ボウイー、ジャック・ディジョネット、マッコイ・タイナーに重用された。とくに、ディジョネットの「スペシャル・エディション」での活躍はECMの諸作を通じて世界的に知られるところとなった。また、ザ・リーダーズ、ワールド・サキソフォン・カルテットでの演奏も記憶に留められている。

Share Button

One thought on “3/27 アーサー・ブライス逝く

  • 稲岡編集長
    2017年4月3日 at 10:56 PM
    Permalink

    Jazz Tokyo #229で、アーサー・ブライスを追悼する予定です。
    Special Edition でアーサーを起用したジャック・ディジョネット、Special Edition や The Leadersでアーサーと共演歴の長いチコ・フリーマン、ホレス・タプスコット時代のいちばん古い音楽仲間オスカー・デリック・ブラウンから追悼文が届く予定です。
    写真は、ECMかミラノのロベルト・マゾッティが協力してくれるはずです。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.