6/27 ピアニスト ジェリ・アレン逝く

閲覧回数 3,039 回

近年、最も精力的な活動を展開してき女流ジャズ・ミュージシャンのひとり、ピアニスト、コンポーザー、エデュケイターのジェリ・アレンがフィラデルフィアで亡くなった。死因は癌。享年60。
ジェリはミシンガン州ポンティアックの生まれ、デトロイトの育ち。両親の影響で音楽に目覚め、ワイントンDCのハワード大学、ピッバーヅ大学で学ぶ。
NYに出て、「シュープリームス」のツアーに参加するなどの後、ブルックリンでスティーヴ・コールマン、グレッグ・オズビー、ゲイリー・トーマス、カサンドラ・ウィルソンらとM-Baseの活動を共にし、スティーヴ・コールマンの「ファイヴ・エレメンツ」のメンバーとなる。
初リーダー作は、1984年のアンソニー・コックスb、アンドリュー・シリルdsとのトリオにおける『The Printmakers』で独Minor Musicの第1作となった。
1988年以降、チャーリー・ヘイデンbやポール・モチアンdsと活動を共にする。
1995年、ロン・カーターb、トニー・ウィリアムスdsとのアルバム『TYwenty-One』が年間最優秀作となり「ソウル・トレイン」による初の「Lady of Soul」賞に輝いた他、デンマークのJazzpar Awardを女性で初めて最年少受賞した。
2006年には3.11の犠牲者追悼のための声楽による聖ジャズ組曲「For the Healing of the Nations」の作曲を委嘱され、母校ハワード大学のアフロ・ブルー・ジャズ・クワイア、オリヴァー・レイク、クレイグ・ハリス、カーメン・ランディ、ジェイ・ホガードなどが参加して初演された。
その他受賞歴多数。バークリー音楽大学からは名誉博士号を授与されている。
近年はミシガン大学で後進の指導にも当たっていた。
直近では、デイヴィッド・マレイts、テリ・リン・キャリントンdsと結成した「パワー・トリオ」の予定が入っていたという。(photo:courtecy of Wikipedia)

 

Share Button

One thought on “6/27 ピアニスト ジェリ・アレン逝く

  • 稲岡編集長
    2017年7月6日 at 12:00 AM
    Permalink

    故ジェリ・アレンの通夜と告別式
    Viewing: Friday, July 7
    Bethany Baptist Church
    6:00PM – 8:00PM

    Service: Saturday, July 8
    Bethany Baptist Church
    11:00AM – 12:30PM

    Bethany Baptist Church
    275 W. Market St.
    Newark, NJ 07103
    (ph) 973-623-8161
    (w) bethany-newark.org

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.