6/26 ECMとマンフレート・アイヒャーが米ダウンビート誌国際批評家投票で9回目のポールウィナーに

閲覧回数 3,637 回

先ごろ発表された米ダウンビート誌恒例の国際批評家投票(今年は第65回)で、ECMが「レーベル・オブ・ザ・イヤー」に、ECMのプロデューサー マンフレート・アイヒャーが「プロデューサー・オブ・ザ・イヤー」に選出された。それぞれ9回目の受賞。投票の詳細結果は同誌8月号に掲載されている。


マンフレート・アイヒャーとドン・チェリー(ECMのオフィシャル・サイトより)

ECM関係では、別稿の通りワダダ・レオ・スミスが「ジャズ・アーチスト・オブ・ザ・イヤー」「アルバム・オブ・ザ・イヤー」「トランペット部門」の3冠に、ジャック・ディジョネットが「ドラムス」部門がそれぞれウィナーに、マイケル・フォーマネックの「アンサンブル・コロッサス」がビッグバンド部門の新人賞に選出され、ドン・チェリーが「名声の殿堂」入りした。

http://downbeat.com/magazine/2017-08

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.