3/29~4/01 小曽根真とアリルド・アンデルセン・トリオが共演

閲覧回数 3,458 回

2017年11月15日、小曽根真がオスロを訪れ、市内の「Cosmopolite」でノルウェーのベーシスト アリルド・アンデルセンのトリオと共演したが、2018年3月29日〜4月1日にブルーノート東京などでも共演することになった。小曽根とトミー・スミスは1980年代にゲイリー・バートン・グループに在籍し『Whiz Kids』(ECM1329)を一緒に録音しており、トミーが音楽監督を務めるスコティシュ・ジャズ・オーケストラでも二人はコラボレーションしている。(text by Hideo Kanno 神野秀雄)

MAKOTO OZONE meets “Free Spirit” – the Norwegian Jazz –
小曽根 真 Makoto Ozone (p), Arild Andersen (b)
Tommy Smith (sax), Paolo Vinaccia (ds)
3/29-30 ブルーノート東京Blue Note Tokyo
3/31 名古屋ブルーノートNagoya Blue Note
4/1 モーションブルー横浜 Motion Blue Yokohama
詳細は http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/makoto-ozone/

Venice (Arild Andersen)
Live in Cosmopolite, Oslo 15th November 2017

 

 

【関連リンク】
小曽根 真 ウェブサイト
http://makotoozone.com/
Arild Andersen official website
http://www.arildandersen.com/
Tommy Smith official website
http://tommysmith.scot/
Arild Andersen / Mira (ECM2307) – ECM Player
http://player.ecmrecords.com/andersen-vinaccia-smith–mira

 

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.