2/16 福盛進也『For 2 Akis』をECMよりリリース、3/31~4/07来日ツアーも

閲覧回数 6,687 回

ミュンヘン在住のジャズドラマーの福盛進也が、『Shinya Fukumori Trio / For 2 Akis』(ECM2574)を2018年2月16日にリリースする。メンバーは、福盛進也(ds), Matthieu Bordenave (ts), Walter Lang (piano)で、2017年に録音された。福盛は、1984年1月大阪出身、バークリー音楽大学を卒業、アメリカでの活動後、2013年からミュンヘンに拠点を移しヨーロッパで活躍している。独特で繊細なシンバルワーク、そしてメロディックかつリズミックなインタープレイで演奏を展開させるドイツで活躍中のドラマー。またダイナミクスの幅が広く詩情的なプレイを得意としている。
福盛進也 公式ウェブサイト → http://www.shinyafukumori.com/
亡くなった菊地雅章を別格として、現在、日本人でECMからリーダー名義でアルバムをリリースできているのは、クラシック側からの児玉桃、細川俊夫しか居ないという状況があったが、ついにジャズ側から福盛が登場したことはたいへん喜ばしく、活躍に期待したい。

 

Song of Kokyo / Shinya Fukumori Trio – Recorded at Rainbow Studio

3月から4月にかけて、福盛進也トリオの来日ツアーが行われる。1月現在決まっている日程は以下の通り。

Shinya Fukumori Trio “For 2 Akis” Japan Tour 2018
Shinya Fukumori 福盛進也(ds), Matthieu Bordenave (ts), Walter Lang (piano)
3/31(土) 新宿ピットイン
4/1(日) 岡山・城下公会堂
4/3(火) 大阪・阿倍野区民センター・小ホール
4/5(木) 名古屋・JAZZ茶房 靑猫
4/6(金) 横浜エアジン
4/7 (土) 東京 L’atelier
企画・制作 : 株式会社ソングエクス・ジャズ
詳細は:  http://www.songxjazz.com/news/2018/01/294.html

なお、先だって、2018年1月7日、永福町sonoriumで、以下のコンサートが開催されたことを付記しておく。
Glashaus Curation#1『LAND – München Hbf.』
〜GORO ITO invites SHINYA FUKUMORI
伊藤ゴロー(g)、福盛進也(ds)、佐藤浩一(p)
詳細は:  http://www.songxjazz.com/news/2017/11/290.html

(Text by Hideo Kanno 神野秀雄)

Share Button

One thought on “2/16 福盛進也『For 2 Akis』をECMよりリリース、3/31~4/07来日ツアーも

  • 稲岡編集長
    2018年1月27日 at 11:47 AM
    Permalink

    福盛進也のCDには、メンバーのオリジナルに加え、宮沢賢治、小椋佳、滝廉太郎、中川敬+山口洋の作品が含まれている。<星めぐりの歌><愛燦燦><荒城の月><満月の夕>。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.