2/15 山下洋輔《RETROSPECTIVE》@東京オペラシティ

閲覧回数 9,750 回

東京オペラシティで2000年から2014年までほぼ毎年計14回にわたって続けられた山下洋輔の「ニューイヤー・コンサート」。この間生まれた山下洋輔作曲のピアノ協奏曲3曲から2曲、第1番と第3番に、挟間美帆の20周年記念委嘱作「Limonium」(世界初演)を加えた3曲を山下のピアノと佐渡裕指揮の東京フィルハーモニー交響楽団によるコンサートが2月15日、東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアルで開かれる。
《ENCOUNTER》と題された山下のピアノ協奏曲第1番(オーケストレーション:栗山和樹)は、2000年1月、金聖響指揮の東京フィル、第3番《ECPLORER》(オーケストレーション:挟間美帆)は、2008年1月、佐渡裕指揮の同じく東京フィルでそれぞれ初演されている。
佐渡裕は、京都市立芸術大学卒、レナード・バーンスタイン、小澤征爾らに師事。1989年ブザンソン指揮者コンクール優勝、現在、トーンキュンストラー管弦楽団音楽監督。
挟間美帆は、国立音楽大学(クラシック作曲専攻)卒。2012年、マンハッタン音楽院大学院(ジャズ作曲専攻)を経てメジャー・デビュー。2014年、第24回出光音楽賞受賞、2015年、BMIチャーリー・パーカー・ジャズ作曲賞受賞。

2018年2月15日(木)19:00
東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル
S~A:売切 B:¥4000(残席僅少)
東京オペラシティ・チケットセンター 03-5353-9999
http://www.operacity.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。