8/31~9/02  第17回東京JAZZ

閲覧回数 816 回

17th Tokyo Jazz Festival

“国内最大級のジャズ・フェスティバル”を謳う「東京JAZZ」が今年17回目を迎える。会場を丸の内から“若者の街”渋谷に移して2年目。今年も開催当初からの不変のテーマ“国境を超えて、世代を超えて”にふさわしいグループが内外から参集する。

メイン・イベント「the HALL」の会場NHKホールでは9月1日(土)と2日(日)の昼夜2公演、各2グループ、計8グループが出演。ハービー・ハンコック、オマーラ・ポルトゥオンド、マンハッタン・トランスファー、ジョン・スコフィールドのベテラン勢に、世界の耳目を集める話題のロバート・グラスパー率いるR+R=NOWとアルメニアのティグラン・ハマシアンのトリオ、日本からは渡辺貞夫のオーケストラ、オルケストラ・デ・ラ・ルスとコーネリアスがキャスティングされている。

一方、代々木公園ケヤキ並木を会場とする「the PLAZA」には8月31日から3日間にわたって内外の新進気鋭のユニークなグループが出演、新しいファンを獲得すべく無料で演奏を披露する。金、土は各2グループずつだが、日曜日は午前中から7グループが出演、日本のグループを中心に、オーストラリアやスイス、スペイン、オランダなどのヨーロッパ勢に加え、カナダからも1グループ。地元からは、創部50年以上を誇る青山学院大学のビッグバンド、Royal Sounds Jazz Orchestraの出演が予定されている。

プログラムの詳細は;
the HALL:http://www.tokyo-jazz.com/program/
the PLAZA:http://www.tokyo-jazz.com/program/0831plaza/

また、関連イベントして、今年から渋谷のライヴハウス WWWとWWW Xを会場とする 「Tokyo Jazz X」がスタート、渋谷ならではの、クロスオーバーな音楽のショーケースとして、ジャズ、ロック、ヒップホップ、ソウル、R&B…、ジャンルを飛び越えて、最先端のサウンドを鳴らすアーティストたちが集結する。9月1日のテーマは“X-PERIMENT”、2日は“X-BORDER”で、日本のバンドの他に、シンガポールからThe Steve McQueensから特別参加する。

プログラムの詳細は;
http://www.tokyo-jazz.com/x/

ロバート・グラスパー R+R=NOW (So Beautiful)

マンハッタン・トランスファー (Birdland)

コーネリアス (あなたがいるなら:If You’re Here)

ティグラン・ハマシアン (The Poet)

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.