9/1-6 ティグラン・ハマシアン・トリオ&ソロ 来日公演

閲覧回数 2,869 回

1987年アルメニア出まれのピアニスト、ティグラン・ハマシアンが2017年に続いて来日。「東京JAZZ」ではトリオ公演を、兵庫、名古屋、佐賀でソロ公演を行う。ティグランは、ジャズ、メタル、クラシック、教会音楽、古代音楽までを行き来し、変拍子や複雑なリズムを繰り出しながらも、研ぎ澄まされた美しい魂の音楽を生み出す特別なピアニストであり目が離せない。最近はNonesuchとECMからアルバムを発表していて、2015年に『Luys i Luso』(ECM2447)、前作『An Ancient Observer』(Nonesuch)に続いてEP最新作『For Gyumri』(Nonesuch)をリリースしたばかりで、ティグランの故郷Gyumriに捧げられている。その中から<Rays of Light>のPVを紹介しておきたい。

<Tigran Hamasyan Trio>
2018年9月1日(土) 18:00 NHKホール
東京JAZZ – JAZZ ODYSSEY

<Tigran Hamasyan Solo>
2018年9月4日(火) 19:00 兵庫県立芸術文化センター
ティグラン・ハマシアン・ソロ ” For Gyumri ~光の記憶~”
special opening act 高木正勝

2018年9月5日(水) 19:00 名古屋・今池ガスホール
NAGOYA JAZZ WEEK 2018ティグラン・ハマシアン

2018年9月7日(金)19:00 アバンセ円形ホール(佐賀市)
SAGA SEA 2018
ティグラン・ハマシアン・ソロ “For Gyumri~光の記憶~”

Shikioriのウェブサイトで、ピーター・バラカン、井上鑑、若林恵が寄稿し、ティグラン・ハマシアンを語っているので、ぜひご一読いただきたい。

  

【関連リンク】
Tigran Hamasyan official website
Luys i Luso – ECM Player

【JT関連リンク】
ティグラン・ハマシアン・ソロ・ピアノ 2017

Share Button

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。