10/17-18 「Match & Fuse」〜コリン・ヴァロン、石橋英子、トビヤス・プライシク、GURU HOST、シュネラートラーマイヤー、あふりらんぽ

閲覧回数 1,660 回

2018年10月17日〜18日、六本木Super Deluxeでミニフェスティヴァル「Match & Fuse – Music Festival Switzerland meets Japan」を2日間にわたって開催。17日はソロ特集、18日はエクスペリメンタル・ロック特集。開催の主旨はこの記事の下をご覧いただきたい。
なお、コリン・ヴァロンの最新アルバムは『Danse』(ECM2517)で、ジュリアン・サルトリウス(ds)とパトリス・モレ(b)とのトリオで、10月10日 大阪・阿倍野区民センター小ホール、11日 新宿ピットイン、続いて、韓国と中国でトリオ公演ツアーを行った。
長く親しまれた Super Deluxe は、ビルの老朽化のため、2019年1月に閉店となることが発表された。

Match & Fuse – Music Festival Switzerland meets Japan

Match & Fuse DAY 1 – Art of Solo
2018.10.17
18:30 Open 開場
18:45 Panel Discussion パネルディスカッション
19:45 Colin Vallon solo
20:35 Eiko Ishibashi 石橋英子 solo
21:25 Tobias Presig solo
22:15 FUSE trio collaboration

Match & Fuse DAY 2 – Experimental Rock
2018.10.18
19:00 Open 開場
19:30 GURU HOST (坂口光央+一樂誉志幸) Mitsuhisa Sakaguchi + Yoshiyuki Ichiraku
20:25 Schnellertollermeier シュネラートラーマイヤー
21:35 Afrirampo あふりらんぽ

Super Deluxe
東京都港区西麻布3-1-25 B1F Tel 03-5412-0515
日比谷線/大江戸線 六本木駅 3番出口より徒歩5分
千代田線 乃木坂駅 より徒歩10分
南北線 麻布十番駅 より徒歩13分
都バス 都01系統/渋88系統「EXシアター六本木前」から徒歩2分

詳細は、Match and Fuse

ウェブサイトから
「2011年のある日、イギリス、フランス、ノルウェーのミュージシャン達が国外でも演奏したいな。ってお互い話をしていて、じゃ、自分達でそれぞれお互いの国でコンサートを企画して一緒にやろうよ。ってことになって小さなフェスを実行しました。以来、ヨーロッパ各地で賛同したエージェントやアーティストが音楽集団 Match&Fuse (マッチ&フューズ)をつくって、ツアーやフェスを企画しました。それが、私たちMatch&Fuseのはじまりです。Match(マッチ)とは、いろいろな国のアーティストを合(会)わせる事。Fuse(フューズ)とは、そのアーティストの架け橋となり新しい絆を繋げる事。今や私たちの拠点は、チューリッヒ、ロンドン、トゥールズ、ブリュッセル、ダブリン、オスロと広がりました。そして、2018年10月待望の日本に上陸!東京 六本木と大阪 堺を新たな拠点として、国と国とのMatchとアーティストのFuseを実現。第一回目となる今年はスイスと日本をMatchさせます。」

text by Hideo Kanno 神野秀雄

Share Button

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.