11/24 若手即興演奏家6人による「即興的最前線」

閲覧回数 1,346 回

異なるジャンルで活躍する6人の若手即興演奏家を招聘し、それぞれのソロと集団即興を行う音楽イベントが開かれる。6人は、フルート、ギター、サックス、ヴァイオリン、マリンバ、音具、ヴィジュアルなどさまざま。

東葛西のEFAG(East Factory Art Gallery)を会場に、12時から18時まで、ソロ、デュオ、コレクティヴ・インプロヴィゼーション(集団即興)、トーク・セッションを予定している。
キュレイターは elekingやJazzTokyoなどで健筆を振るう細田成嗣。細田は「アポリアの跳躍」と題したイベントの紹介文で“「即興」は原理的に矛盾を抱えている。しかしながらそれでもなお、いたるところで即興は実践されている。原理的矛盾など意に介することなく刺激的な演奏が繰り広げられ、ときには新鮮な響きを届けてくれる、わたしたちは思考のアポリアに突き当たる前に、意識的にせよ無意識的にせよそれを軽々と飛び越えていく具体的な実践にまずは少ないない驚きとともに触れるべきだろう”とアピールしている。

日時:11月24日(土)12:00~18:00
会場:EFAG East Factory Art Gallery(東京:東葛西)*東西線「葛西」駅
料金:入場無料(入退出自由)
出演;池田若菜 岡田拓郎 加藤綾子 時里充 野川菜つみ 山田光
企画:細田成嗣

また、12月5日(水)から8日(金)までの4夜にわたって、横浜・白楽のジャズ・バー Bitches Brew では、東欧最強のサックス奏者と謳われるリトアニア出身リューダス・モツクーナス(ts,ss)を迎え、日本即興界のベテランたち、浦邉雅祥、坂田明、林栄一、纐纈雅代、大友良英(予定)らが順次対峙する。間をおかずに若手とベテラン・インプロヴァイザーたちを聴き比べる絶好の機会となるだろう。

日時:12月5日(水)〜8日(土)開演:19:30
会場:ジャズ・バー Bitches Brew (横浜・白楽:東横線「白楽」駅5分)
料金:4000円(前売)4500円(当日)
出演;リューダス・モツクーナス(ts,ss) 浦邉雅祥(as) 坂田明(as,cl) 林栄一(as,ss) 纐纈雅代(as)大友良英(g/予定)他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。