8/30 NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇:挾間美帆、シャイ・マエストロ、原田慶太楼 指揮 東京フィル

閲覧回数 1,815 回

NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇
2019.8.30(金) 19:00 東京芸術劇場 Tokyo Metropolitan Theater
原田慶太楼 Keitaro Harada:指揮 Conductor
東京フィルハーモニー交響楽団 Tokyo Philharmony Orchestra
シャイ・マエストロ Shai Maestro:Piano
挾間 美帆 Miho Hazama:構成・作編曲 Director, Composer and Arrenger

George Girshwin: Girl Crazy
Claus Ogerman: Symphonic Dances
Vince Mendoza: Impromptu
Leonard Bernstein: On the Town – Three Dances Episode
Shai Maestro / Miho Hazama: The Forgotten Village
Miho Hazama: Piano Concerto No.1 (World Premier)
(挾間美帆:ピアノ協奏曲第1番 / 委嘱・世界初演)
¥8,000〜¥5,000 高校生以下¥1,000(席数限定)
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296
前売開始日 2019.4.27(土)

詳細はこちら (PDF)

ニューヨークを拠点に世界で活躍し、快進撃が止まらない”ジャズ作曲家”挾間美帆が、東京芸術劇場で4年間続いた「N響JAZZ in 芸劇」を継承する形で、新プロジェクト「NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇」の構成・作編曲に取り組む。

挾間は自身のm_unit による3作目のアルバム『Dancer in Nowhere』を2018年にリリースし、その恐るべき密度と完成度を魅せたばかり。また、メトロポール・ビッグバンド、デンマーク放送ビッグバンド、ドイツ・WDRビッグバンドなど、数々の世界の名門バンドから招聘を受け、今年は、ラ・フォル・ジュルネ・ナントへの出演も果たすなど、世界での活動の幅を広げて来た。今回、挾間は東京芸術劇場の委嘱で「ピアノ協奏曲第1番」を作曲し、シャイ・マエストロが演奏する。オーケストラは、東京フィルハーモニー管弦楽団に替わって、1985年生まれの原田慶太楼が指揮する。

「N響JAZZ in 芸劇」では、レナード・バーンスタインとライル・メイズに師事したマエストロ・ジョン・アクセルロッドが指揮し、2017年と2018年は塩谷哲との素晴らしいコラボレーションを魅せた。その魅力を極めただけに、シンフォニック・ジャズの限界はもはや優れた新作の登場でしか超えられないように見えた。「ラプソディ・イン・ブルー」からもう百年、バーンスタインの諸作品からも70年近く経過し、武満徹はデューク・エリントンにはなれないことを悟り、その後のジャズ・ラージアンサンブル、ビッグバンドの素晴らしいサウンドがクラシックオーケストラのフォーマットに定着する機会はあまりなく21世紀に至る。

そのシンフォニック・ジャズの閉塞感から新しい扉を開きそれを成し遂げるひとりが挾間美帆だと確信していた。最近の挾間の活躍の中でもビッグバンドフォーマットのことは多く、弦楽器を活かす機会は限られており、他方、自身のm_unitにはストリングスカルテットが内包され、挾間の音には常に弦が鳴っている。またNHK交響楽団などへの編曲も提供して来た。今回、フルオーケストラを存分に構成し、作編曲する中での活躍が楽しみだ。新しいシンフォニックジャズの夢の扉が開く瞬間に立ち会いたい。


L & Title Photo: m_unit © Naomi Kitano R: DR Big Band with Mariryn Mazur © Hideo Kanno


L: Winter Jazz Fest – ECM Stage © Hideo Kanno R: ECM Records

【JAZZ TOKYO 関連リンク】
Shai Maestro / The Dream Thief (ECM2616)

La Folle Journee 2018 〜シェナ・ウインド・オーケストラ&挾間美帆 at 東京芸術劇場

N響JAZZ in 芸劇〜ジョン・アクセルロッド&塩谷哲
2017年: ラ・フィエスタ
2018年: ラプソディ・イン・ブルー&スパニッシュ・ダンス

Cover photo © Naomi Kitano at Dizzy’s Club, NYC

アバター

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。