Monthly Editorial

  • 悠々自適 # 79 「ニューハードと日本フィル」

    それも、ジャズのビッグバンドと、クラシックの方はフル編成のオーケストラという、このJazz Tokyoでも過去に一度も試みたことのなかった異色の顔合わせ。

    Share Button

Features

Reviews

  • #1519 『北澤恵美子/ハートフル・クラシックジャズ~彩りの風景~』

    北澤のマリンバ、ゴメスのベース、北條などのアレンジ、それぞれが抜群な冴えを示し、この3つの要素が見事に相乗された、“超ジャンル”とも言える魅惑的な“クラシック・ジャズ”の世界。

    Share Button
  • #1518 『ダフニス・プリエト・ビッグバンド/バック・トゥ・ザ・サンセット』

    プリエトのアレンジはアンサンブルとソロとを区分けせず、両要素が対峙し合ったりしながら溶け合っていくプロセスを打ち出してクライマックスを演出している点が実にユニークで、彼の豊かな才能と人間味に惚れぼれさせられた終曲であり、アルバムであった。

    Share Button
  • #1517 藤井郷子/ソロ+オーケストラベルリン~ナインティナイン・イヤーズ

    最初は仰天するほど驚いたが、現在ではまた来たなという感じ。先に紹介した『ソロ』が還暦記念『月刊 藤井郷子』の第1弾で、第2弾が『KAZE/Atody Man』、このオーケストラ ベルリンが第3弾ということになる。

    Share Button
  • #1516 『藤井郷子オーケストラベルリン / Ninety-Nine Years』

    どこを切っても唯一無二の音がする、際立って「個性」的なオーケストラサウンドである。野生と構成との共存が見事であり、そこからはヨーロッパ的なものを感じ取ることができる。

    Share Button
  • #1515 『Demierre – Dörner – Kocher / Cone of Confusion』

    アクセル・ドゥナー(トランペット)、ジャック・ディミエール(ピアノ)、ヨナス・コッハー(アコーディオン)、3人の頭文字を並べてDDKトリオ。卓越した技量と研ぎ澄まされた精神をもって繰り広げる即興演奏を通じて、常ならぬ音楽的要素に気付かされる。

    Share Button

More >>

Interviews

Column

  • Live Evil #32「ヴァネッサ・ブレイ+山口コーイチ/ピアノな夜」

    ヴァネッサは、3歳の頃からピアノに慣れ親しんでいるとはいうものの、どこかピアノを畏怖するような接し方である。

    Share Button

More >>

Concert/Live Report

  • #1008 福盛進也トリオ大阪公演

    関西人にとって、阪神淡路大震災からの復興の願いがにじむ「満月の夕」はなじみ深い。かつて彼がこの曲に惹かれ、やがて私たちはこのトリオの「満月の夕」に出会うことになった。音楽がつなぐ縁の面白さだと思う。

    Share Button
  • #1007 青木菜穂子+神田晋一郎 夜の音樂 / ゆび の たわむれ vol.3 ≪Tango Concert≫

    コンサートは、青木の専門とするジャンルであるタンゴやモダン・フォルクローレ(*1) を軸に、神田や青木のオリジナル曲を織り交ぜる形で進行した。

    Share Button

More >>

及川公生の聴きどころチェック

  • #429  『Kira Kira / Bright Force』

    試聴の冒頭でキラキラを感じた。しゃれではない。

    Share Button
  • #428 『ダフニス・プリエト・ビッグバンド/バック・トゥ・ザ・サンセット』

    ラテン楽器の切れのいいサウンドが、オーディオを奮い立たせる。

    Share Button

More >>