Monthly Editorial

  • yokoi-02-230-1

    #02 カーラ・ブレイ

    カーラ・ブレイの作曲面でのアプローチ、既成のイディオムに縛られず、独自のメロディー・ラインやコード進行に依る世界はジャズにおける作曲と即興演奏を再定義させるもので、直接的、間接的に多くのミュージシャンに影響を与え、現代のジャズに繋がっている。

    Share Button

Features

Reviews

  • Blindflug / Without Doubt

    #1412 『Blindflug / Without Doubt』

    ローレン・ニュートンとスイスの二人の若手ゼバスチャン・ストリニング(ts, bcl)とエマニュエル・クンツィー(ds)との「ブラインドフラッグ(盲目的飛行)」というバンドによる全編即興演奏。三者の交歓は、バンド名さながらに未聴のサウンドへの探究心に満ちている。

    Share Button
  • Kansas-52-01

    53. ハーモン・メハリ『ブルー:Bleu』

    全コラム# 51, マット・ケインとカンザス・シティ・ジェネレーション・カルテットのメンバーの一人、ハーモン・メハリが新アルバム『ブルー:Bleu 』をリリースした。
    カンザス・シティ期待の星、ハーモン・メハリにその後の活動の様子や新アルバム『ブルー:Bleu 』について聞いてみた。

    Share Button
  • #1421『Genzo Okabe 岡部源蔵/Disoriental ディスオリエンタル』

    そのほぼすべてに岡部の ”ディスオリエンタル” 意識が反映されていて興味深い。

    Share Button
  •  #1420『ハン・ベニンク、ベンジャミン・ハーマン、ルード・ヤコブス、ピーター・ビーツ/The Quartet NL』

    故人をしのぶような湿っぽい演奏ではなく素材としてミシャの作品を取り上げたもので、ミシャのちょっとひしゃげたような皮肉交じりのユーモアとは一味違った明るく華やかでスインギーなものになっている。

    Share Button
  • #1419『Chris Pitsiokos / Valentine’s Day』

    即興演奏から作曲作品へと進化を続けるNYシーンの若き戦士クリス・ピッツィオコスが、2作目のサックス・ソロ・アルバムを発表した。これまでの過激なインプロヴァイザーのイメージとは異なる、知的で静謐なサウンドを聴かせてくれる。タイトル通り「豊潤な音楽への愛」に溢れた新境地。

    Share Button

More >>

Interviews

Column

Concert/Live Report

及川公生の聴きどころチェック

  • Hudson

    #365 『ディジョネット|グレナディア|メデスキー|スコフィールド/ハドソン』

    うーん、ドラムのサウンド造りは参考になる。ジャズのサウンドとは、こういうものだ!と、改めて思う。とくにキックは...。

    Share Button

More >>