Monthly Editorial

Features

Reviews

  • #1418『The Seasons / Manuel Valera Trio』

    自由奔放、縦横無尽、時にリリカルに響くこのトリオは、マニュエル・ヴァレラがキューバ出身という枠をはるかに超えて、現代ニューヨークのベスト・トリオの一つであることを高らかに宣言した。

    Share Button
  • #1417 『James Brandon Lewis Trio / No Filter』

    堂々としたプレイでメインストリームを歩むJBL。ヒップホップやソウル/R&Bと共存しストリート感覚が爆発した素晴らしい作品である。

    Share Button
  • #1416 『ハン・ベニンク、ベンジャミン・ハーマン、ルード・ヤコブス、ピーター・ビーツ/The Quartet NL』

    硬い事は考えずに、楽しくスイングするジャズを聴きたければ、これを選べばモンクはない。

    Share Button
  • #1415 『ハン・ベニンク、ベンジャミン・ハーマン、ルード・ヤコブス、ピーター・ビーツ/The Quartet NL』

    これは伝統と化したオランダのコンテンポラリーかつコンサーヴァティヴなジャズの姿だと思い、存分に楽しめば良い。ミシャの名を知らぬ人達も一緒に。涙を流す必要など無いのである。

    Share Button
  • #1414『Genzo Okabe 岡部源蔵/Disoriental ディスオリエンタル』

    私はこのアルバムに対して極めて「不安な希望」を持っている。

    Share Button

More >>

Interviews

Column

Concert/Live Report

及川公生の聴きどころチェック

More >>