Monthly Editorial

  • # 72 ヘイトスピーチとヘイトクライムをめぐって

    それにしても、ごく最近に限ってもこの国はおかしい。

    Share Button

Features

Reviews

  • #1396『GRERUM OMNIBUS / HANDFUL』

    ピアノのティモシー・バンシェット(p)とドラムスのジェイミー・ピート(ds)はここ数年グレールムとのトリオのほかアムステルダムを中心に精力的に活動している若手で、二人とも楽器を鳴らし切っているところが好感を持てる。

    Share Button
  • #1395『ヒグチケイコ+神田晋一郎/passing and longing and there is only a trace left 過ぎしも愛しもただ跡だけが残り』(2017:Ftarri)

    成熟が内包するスリルと、決して飼い慣らされぬ気高さ。移ろう一瞬が遺す残像の数々に絡めとられつつ、「うた」が志向する極北のエレガンスが味わえる。It is purely the thrill contained in maturity and an untamed noble dignity. Captured by the numerous residual images left by each fleeting moment, the listener can only enjoy the ultimate elegance that the “songs” and performers aspire to achieve.

    Share Button
  • #1394『Albert Cirera/ Hernâni Faustino/ Gabriel Ferrandini /Agustí Fernández: Before the Silence』

    リスボンとバルセロナを股にかけるクァルテット。果てしなく続いていきそうな壮大なフリー・インプロヴィゼーションは、沈黙から爆音まで最大限の振れ幅でありながらも、緩みを一瞬たりともみせぬ頑健な構築力で無敵の存在感/Spanning the jazz scenes of Lisbon and Barcelona, this full-on quartet and their spectacular improvisations ranging from deep silence to roaring mayhem give the impression of a never ending river.

    Share Button
  • #1393『Craig Taborn / Daylight Ghost』

    この『Daylight Ghost』の最大のポイントは、ズバリ、管のクリス・スピードの存在だ、このナナメになった棒読みトーンの官能だ、

    Share Button
  • #1392『ティグラン・ハマシアン / An Ancient Observer〜太古の観察者』

    『Mockroot』の世界に、耽溺したうえで、このピアノ・ソロ作品は受け止められなければならない。

    Share Button

More >>

Column

Concert/Live Report

及川公生の聴きどころチェック

  • #343 『高橋知己カルテット/WISE ONE』

    とくにテナーの味わいのあるサウンドは魅力。演奏者の持ち味が浮き出ている。

    Share Button

More >>

Interviews