Monthly Editorial

  • yokoi-02-230-1

    #02 カーラ・ブレイ

    カーラ・ブレイの作曲面でのアプローチ、既成のイディオムに縛られず、独自のメロディー・ラインやコード進行に依る世界はジャズにおける作曲と即興演奏を再定義させるもので、直接的、間接的に多くのミュージシャンに影響を与え、現代のジャズに繋がっている。

    Share Button

Features

Reviews

Interviews

Event

Column

Concert/Live Report

及川公生の聴きどころチェック

  • #302 『早坂紗知/2.26 バースデイ・ライブ 30周年 feat. 山下洋輔』

    ライブ空間が醸し出す楽器の響き、デッドに迫る楽器の鋭い表現。この混在が、たまらない。

    Share Button
  • #301 『藤井郷子ソロ/インビジブル・ハンド』

    ドッシリとした質量のある音質の表現は惚れ惚れする。オン・マイクながら、近いという限られた領域の感触はまったく無い。

    Share Button
  • #300 『ミュンシュ+日フィル/ベルリオーズ:幻想交響曲&リハーサル』

    だが、時が経つにつれ、あ〜アナログ録音って、このサウンドだよ...と、記憶が蘇る。アナログ録音が持つ特有の重厚さを満喫。

    Share Button

More >>