Monthly Editorial

  • 悠々自適 #80 「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2018」聴きある記

    これまで名前しか知らなかったアーティストやオーケストラの、それも思いもよらぬ素敵な演奏に触れて、事前にはまさに思いもしなかった感激に浸った3日間ではあった。

    Share Button

Features

Reviews

  • #1546 『勝 新太郎/THE BLIND SWORDSMAN~侠(おとこ)』

    そして、あたかも荒野の向こうから座頭市がのそのそと歩いて来るような、映像を想起させる演奏。いきなり、抜き身を構えた連中が襲って来る。しかし、十秒もかからず、皆倒されてしまう。

    Share Button
  • #1545 『武田理沙 / PANDORA』

    一聴、その音楽に驚嘆し、多様式主義だのポストモダンだのと言葉を探したり、ゲーム、アニメの音効を思い出したり、落ち着いた顔で内心慌てている。

    Share Button
  • #1543『曽根麻央/インフィニット・クリーチャー』

    曽根麻央という演奏家がピアニストとして、同時にトランペッターとして、かつ作曲家として、新しい音楽家像を作り上げる期待に胸躍らせる無二の新鋭として登場したことを喜びたい

    Share Button
  • #1542 『Rova Saxophone Quartet / In Transverse Time』

    ウェストコースト・アンダーグラウンドのオリジネーターのひとつロヴァ・サクソフォン・カルテットの40周年記念アルバム。コンポジションにフォーカスし、円熟と野心に満ちた、次の10年への所信表明といえる渾身作。

    Share Button

More >>

Interviews

Event

  • 2/04~05 ニューオリンズのマルディグラがブルーノート東京で

    全米最大のカーニバル「マルディグラ」が都心で満喫できるという企画が実現する。

    Share Button

More >>

Column

Concert/Live Report

及川公生の聴きどころチェック

  • #304 『藤井郷子& ジョー・フォンダ / Duet』

    録音の場所空間が大きく貢献している。教会での録音。スタジオ録音でリバーブ処理では得られないサウンド。

    Share Button
  • #303 『ベン・ウェブスター・ミーツ・ピエト・ヌードワイク 1973』

    ライヴで此処まで音像を引き立てた録音ができていた事は、当時のスタッフに喝采だ。

    Share Button

More >>