Reviews on This Issue

  • #1550 『山田唯雄 / 1.0 (one)』

    山田唯雄の素晴らしい点は、何と言っても、芯のある美しい音。その美しい音をダイレクトに捉えた録音の良さも特筆すべきだろう。

    Share Button
  • #1549 『崔善培カルテット/アリラン・ファンタジー』〜故郷への道

    彼らは何も声高に「これが俺のジャズだ」とは主張しなかった。彼らの存在自体がジャズの現在形だった。彼らはことさらにフリーであることを主張しなかった。

    Share Button
  • #1548 『阿部薫+豊住芳三郎/MANNYOKA(万葉歌)』

    ALM盤とは違った側面を見せる今回のアルバムは、今後ALM盤と対をなすアルバムとして後世の記憶に残って行くのではないだろうか。

    Share Button
  • #1547 『Kyoko Kitamura’s Tidepool Fauna / Protean Labyrinth』

    NY在住のヴォーカルインプロヴァイザー、コンポーザーの北村京子がリーダーを務めるカルテット「Tidepool Fauna」のデビューアルバム。言葉を排した北村の「声」を起点に、モノクロームの夢境を彷徨うような玄妙な美しさが作品全体を透徹する。

    Share Button
  • #1546 『勝 新太郎/THE BLIND SWORDSMAN~侠(おとこ)』

    そして、あたかも荒野の向こうから座頭市がのそのそと歩いて来るような、映像を想起させる演奏。いきなり、抜き身を構えた連中が襲って来る。しかし、十秒もかからず、皆倒されてしまう。

    Share Button
  • #1545 『武田理沙 / PANDORA』

    一聴、その音楽に驚嘆し、多様式主義だのポストモダンだのと言葉を探したり、ゲーム、アニメの音効を思い出したり、落ち着いた顔で内心慌てている。

    Share Button

Reviews 全記事 ➡︎

Share Button