Reviews on This Issue

  • #1399 八木美知依、インゲブリクト・ホーケル・フラーテン、ポール・ニルセン・ラヴ/ディケイド〜ライヴ・アット・アケタの店

    タイトルの『Decayed』は「腐った、衰えた」という意味だが、発音が同じ「Decade(10年間)」とのダブル・ミーニングであるのは間違いない。前作から10年後、2015年12月13日荻窪アケタの店での実況録音である。

    Share Button
  • V.A(大塚広子監修選曲) / PIECE THE NEXT JAPAN BREEZE

    #1398『V.A (大塚広子監修選曲) / PIECE THE NEXT JAPAN BREEZE』

    DJ/プロデューサー/文筆家として多方面で活躍してきた大塚広子による、現代日本のジャズ・シーンを取りまとめたコンピレーション・アルバムの第三弾。『Jazz the New Chapter』シリーズがあえて取り上げることのなかった日本の現代ジャズ・シーンに触れてみるための、貴重なリアルタイム・ドキュメンタリー・アルバムである。

    Share Button
  • #1397『Rema Hasumi 蓮見令麻 / Billows of Blue』

    すでにいくつかのレビューで触れられているとおり、後期の菊地雅章の到達を、この蓮見令麻のピアノは備えている、が、

    Share Button
  • #1396『GRERUM OMNIBUS / HANDFUL』

    ピアノのティモシー・バンシェット(p)とドラムスのジェイミー・ピート(ds)はここ数年グレールムとのトリオのほかアムステルダムを中心に精力的に活動している若手で、二人とも楽器を鳴らし切っているところが好感を持てる。

    Share Button
  • #1395『ヒグチケイコ+神田晋一郎/passing and longing and there is only a trace left 過ぎしも愛しもただ跡だけが残り』(2017:Ftarri)

    成熟が内包するスリルと、決して飼い慣らされぬ気高さ。移ろう一瞬が遺す残像の数々に絡めとられつつ、「うた」が志向する極北のエレガンスが味わえる。It is purely the thrill contained in maturity and an untamed noble dignity. Captured by the numerous residual images left by each fleeting moment, the listener can only enjoy the ultimate elegance that the “songs” and performers aspire to achieve.

    Share Button
  • #1394『Albert Cirera/ Hernâni Faustino/ Gabriel Ferrandini /Agustí Fernández: Before the Silence』

    リスボンとバルセロナを股にかけるクァルテット。果てしなく続いていきそうな壮大なフリー・インプロヴィゼーションは、沈黙から爆音まで最大限の振れ幅でありながらも、緩みを一瞬たりともみせぬ頑健な構築力で無敵の存在感/Spanning the jazz scenes of Lisbon and Barcelona, this full-on quartet and their spectacular improvisations ranging from deep silence to roaring mayhem give the impression of a never ending river.

    Share Button
  • #1393『Craig Taborn / Daylight Ghost』

    この『Daylight Ghost』の最大のポイントは、ズバリ、管のクリス・スピードの存在だ、このナナメになった棒読みトーンの官能だ、

    Share Button
  • #1392『ティグラン・ハマシアン / An Ancient Observer〜太古の観察者』

    『Mockroot』の世界に、耽溺したうえで、このピアノ・ソロ作品は受け止められなければならない。

    Share Button
  • #1391『Shai Maestro Trio / The Stone Skipper』

    借りパクも、剽窃も、孫引きも、ポップスの凶悪で生命線な力学である、これをジャズとして聴けるのかというと申し訳ないがまったくノーだ、

    Share Button
  • #1390『Matt Mitchell / Forage』

    ティム・バーンの自己レーベル「スクリューガン」からリリースされるという事実、これが示すのはマット・ミッチェルの拒絶か、ECMアイヒャーの却下である、

    Share Button
  • #1389『Aron Talas Trio / Floating Island』

    さりげなく21世紀型つんのめるドラムンベーススタイルのタイコの叩きを添えているのも、「コレが新しいんだ、カッコいいのだ」と鼻につくところもない(とっても重要)、つまりは、スマートなのだ、

    Share Button
  • Stephan Crump/Ingrid Laubrock/Cory Smythe / Planktonic Finales

    #1388『Stephan Crump | Ingrid Laubrock | Cory Smythe / Planktonic Finales』

    作曲の否定や即興の称揚というよりも、インプロヴィゼーションによって現れるだろうオルタナティヴな構造化――スポンティニアス・コンポージング――の探求。少なくとも本盤に残された有機的に発展していく「即興音楽」は、そうした行為のありようを物語っている。

    Share Button
  • #1387 『Aron Talas / Floating island』

    その潔さとみずみずしさはジャズの本場からアウェイでいられることの大いなるプラスの面に違いない。

    Share Button
  • #90「G-Modern~Psychedelic, Avant-garde, Underground Magazine」 Vol.25

    G-Modern 25号を開いてみると、灰野敬二、JOJO広重、非常階段などの固有名詞があちこちに踊っている。表4の広告は灰野敬二のドラム・ソロのアルバムだ。そう、G-Modernは言ってみれば彼らの牙城だったのだ。

    Share Button

Reviews 全記事 ➡︎

Share Button