Reviews on This Issue

  • #1524 『カート・エリング/ザ・クエスチョンズ』+『ブランフォード・マルサリス・クヮルテット&カート・エリング/アップワード・スパイラル』

    アルバム自体の出来は圧倒的にエリングの『The Questions』の方に軍配が上がるが、カート・エリングのヴォーカルに焦点を絞って評価を下せば、ことに新たにエリングのファンとなった方ならブランフォードの『アップワード・スパイラル』にもぜひ耳を傾けていただきたい。

    Share Button
  • #1523 『Alexander von Schlippenbach – Globe Unity Orchestra / Globe Unity – 50 Years』

    2016年11月、ベルリン・ジャズ祭でのグローブ・ユニティ・オーケストラ50周年記念コンサートのライヴ盤。これは歴史に残る作品である。

    Share Button
  • #1522 『Satoko Fujii Orchestra New York / Fukushima』

    しかし、この「オーケストラ・ニューヨーク」の面々に、3.11の向こうに9.11が、そして、チェルノブイリ(86年)やスリーマイル島(79年)もイメージされていたとしてもおかしくはない。

    Share Button
  • #1521 『Patty Waters / 6.12.17』

    30年の沈黙ののち再び活動を始めた異端の女性シンガー、パティ・ウォーターズが盟友ピアニスト、バートン・グリーン等と繰り広げた最新ライヴ音源。「伝説」と言う過去の亡霊を吹き飛ばす迫真性に満ちている。

    Share Button
  • #1520 『土田晴信/ライヴ・アット・ザ・アディロンダック・カフェ~SUNNY』

    ジミー・スミスから続くジャズ・オルガンの本流、源流を辿りながら研鑽を積み現在に至った土田の現時点での成果を堪能した。

    Share Button
  • #1519 『北澤恵美子/ハートフル・クラシックジャズ~彩りの風景~』

    北澤のマリンバ、ゴメスのベース、北條などのアレンジ、それぞれが抜群な冴えを示し、この3つの要素が見事に相乗された、“超ジャンル”とも言える魅惑的な“クラシック・ジャズ”の世界。

    Share Button
  • #1518 『ダフニス・プリエト・ビッグバンド/バック・トゥ・ザ・サンセット』

    プリエトのアレンジはアンサンブルとソロとを区分けせず、両要素が対峙し合ったりしながら溶け合っていくプロセスを打ち出してクライマックスを演出している点が実にユニークで、彼の豊かな才能と人間味に惚れぼれさせられた終曲であり、アルバムであった。

    Share Button
  • #1517 藤井郷子/ソロ+オーケストラベルリン~ナインティナイン・イヤーズ

    最初は仰天するほど驚いたが、現在ではまた来たなという感じ。先に紹介した『ソロ』が還暦記念『月刊 藤井郷子』の第1弾で、第2弾が『KAZE/Atody Man』、このオーケストラ ベルリンが第3弾ということになる。

    Share Button
  • #1516 『藤井郷子オーケストラベルリン / Ninety-Nine Years』

    どこを切っても唯一無二の音がする、際立って「個性」的なオーケストラサウンドである。野生と構成との共存が見事であり、そこからはヨーロッパ的なものを感じ取ることができる。

    Share Button
  • #1515 『Demierre – Dörner – Kocher / Cone of Confusion』

    アクセル・ドゥナー(トランペット)、ジャック・ディミエール(ピアノ)、ヨナス・コッハー(アコーディオン)、3人の頭文字を並べてDDKトリオ。卓越した技量と研ぎ澄まされた精神をもって繰り広げる即興演奏を通じて、常ならぬ音楽的要素に気付かされる。

    Share Button
  • #1514 『Subtle Degrees / A Dance That Empties』

    気鋭のサックス奏者トラヴィス・ラプランテと、現代最高のドラマーであるジェラルド・クリーヴァーによる、聖性すら宿る「結晶」デュオ。

    Share Button
  • #1513 『橋本孝之+内田静男 / UH Takayuki Hashimoto + Shizuo Uchida』

    日本地下音楽シーンの個性派二人による音楽の消失した先にある表現の地平を垣間見せるミニアルバム。即興音楽の深みと味わいを強く感じさせる宝石の一枚。

    Share Button
  • #1512 『NILO / 3』

    札幌出身、ドイツ在住のシンガーソングライター NILO の最新作。都会の日常に寄り添う切なく優しい歌詞とメロディー、美しく緊張感のあるサウンドの対比と融合が素晴らしく心に沁みる。

    Share Button

Reviews 全記事 ➡︎

Share Button