Reviews on This Issue

  • #1470『板橋文夫+結/謡文』

    『板橋文夫+結/謡文』(MIX DYNAMITE 2017)で民謡と板橋ミュージックを合体、類例を見ない世界を築き上げた。

    Share Button
  • #1469『Barry Altschul and the 3Dom Factor / Live in Kraków』

    三者三様のベストプレイが炸裂するこのアルバムを聴いていると、世界の中心で“ジャズ”と叫びたい気持ちになれる。

    Share Button
  • #1468『Gondo’s Carol Brass Ensemble / Silent Night』

    ぼくらは歌ではないから器楽用に挑戦的なアレンジも施したりしてますが、でもやはり基本はボストンのあの空気感を録りたかったので別段複雑にしたつもりもありません。

    Share Button
  • #1467『Laia Genc Liaison Tonique: Birds/ライア・ゲンク リエゾントニック:バーズ』

    叶わぬ過去、光明への助走期のような現在、未知の世界へのイマジナティヴな眼差しなど—こころの春秋がページを繰る毎に木漏れ日のようにたち現れるソング・ブック。/ This album is a songbook that the spring and autumn of one’s heart — unfulfilled past, run up period towards a bright future, imaginative look at an as-yet-unknown world— appear like sunlight filtering through the trees as the pages are turned by.

    Share Button
  • #1466『gravity / tree』

    ドイツ出身のギタリスト、即興演奏家、作曲家Hannes Buder の新プロジェクト。ここで彼はギターではなく、チェロのみを弾いている。弦の響きが時の経過とともに織りなすドラマ性、時に荘厳さすら感じさせる幽玄美の中から、うっとりするような彼特有のリリシズムが透けてくる。

    Share Button
  • #1465『TAMAXILLE/Live at Shinjuku PIT INN』

    通して聴くと72分41秒、『TAMAXILLE/Live at Shinjuku PIT INN』は(本田)珠也のリズム、4人のスイング感、グルーヴが全てで、かくしてピットインの夜は更けてゆく。

    Share Button
  • #1464 『Rent Romus / Deciduous : Midwestern Edition Vol. 1』

    “即興の創造的な強靭さ・歴史・一期一会を共有する人々を橋渡しする”プロジェクト『Deciduous(落葉)』は、森の中の精霊を創造の種とする即興演奏のルーツを復興する試みといえよう。

    Share Button
  • #1463『Muhal Richard Abrams featuring Malachi Favors / Sightsong』

    エイブラムスが残したデュオ作品のなかでもひときわ独特な魅力を持った作品。

    Share Button

Reviews 全記事 ➡︎

Share Button