Reviews on This Issue

  • yuh-cd-225-a-01

    #1378 『トニー・ベネット/ザ・ベスト・イズ・イエット・トゥ・カム』

    10人が10人、90歳を超えてこんなパンチのある溌剌とした声量で歌えるものかと誰しも怪訝に思ったのではないか。、実際、終盤になって熱狂的な大歓声の中で再登場したベネットは、彼の十八番といっていい「ザ・ベスト・イズ・イエット・トゥ・カム」や「霧のサンフランシスコ」などをいかにも喜びを爆発させるように歌った。

    Share Button
  • #1377 『Emmet Cohen Featuring Jimmy Cobb / Masters Legacy Series Volume 1』

    ジミー・コブが偉大なる先達から受け取ったジャズの伝統の松明が、コーエン、中村、ルイスへと手渡された瞬間が克明に記録されたドキュメントとも言える作品である。

    Share Button
  • Tanaka/Lindvall/Wallumrød / 3 pianos

    #1376 『Tanaka/Lindvall/Wallumrød / 3 pianos』

    あくまで五線譜との乖離において拡張/探索されているピアノそれ自体の可能性――それを聴くことはやはりどこか落ち着かなさを覚え、不気味であり、しかしこの上もなく美しい。

    Share Button
  • # 1375 『照内央晴・松本ちはや/哀しみさえも星となりて Anything ascends into the firmament. Even sorrow… 』

    トータルで60分に及ぶ3トラックのインプロヴィゼーションだが、長さを感じない。精神と技巧、経験と天啓との幸福な結託の記録。デビュー盤とは思えぬ肝のすわった貫禄である。演奏家とエンジニアのふたつの視点をもつ近藤秀秋のサウンド・ディレクションも秀逸。空気を切り裂き、跳躍し、収斂していく夥しい音の生が鮮やかに浮かび上がる。

    Share Button
  • #1374 『照内央晴・松本ちはや / 哀しみさえも星となりて』

    緊張、響きの美しさ、ユーモア、相互干渉と相互作用、音楽をなんらかの形にして提示せんとする「気」。強度の高い即興デュオ。

    Share Button
  • #1373 『井上陽介 / Good Time Again』

    井上は昨今、大西順子トリオのベーシストとしても活躍しているが、最終曲では大西がゲストピアニストとして<Never Let Me Go>に参加、しっとりとしたバラードを聴かせる。

    Share Button
  • kanno-cd-226-1372-1

    #1372 『児玉 桃 / 点と線 〜ドビュッシー&細川俊夫:練習曲集』
    Momo Kodama / Point and Line – The Piano Études of Claude Debussy and Toshio Hosokawa

    児玉 桃が紡ぎ出す18の音の小宇宙へ。
    究極の音の領域に踏み込むECM第2作。

    Share Button
  • # 1371『Donauwellenreiter / Euphoria』

    ひとえに言語や文化的な縛りを超えたところを、音符やリズムの型のその先にあるものを志向する、フィーリングへの徹底した求心性。プレイにおける即興的な醍醐味は少なくなるが、静謐さや削ぎ落とした美には共感する人は多いだろう。サウンドがシェイプされる毎に、モノをいうのはメロディそのものの強度である。

    Share Button
  • #1370 『Mehmet Ali Sanlıkol & Whatsnext? / Resolution』

    メーメトはこのアルバムを通して、西欧とイスラムが対立する中、それぞれ出自の異なるミュージシャンが出会い、トルコ(イスラム)の音楽とジャズの融合を通してお互いをより深く理解しあうことが大切であることをアピールしたいという。

    Share Button
  • #1369 『山口正顯・渡辺生死 duo / 砂山』

    聖地・高円寺グッドマンから現れたリード&ドラム・デュオによる叙情曲集は、パンドラの箱からフリージャズの精霊たちを解放し、ギミック無しの生のジャズのパワーを世に知らしめるパラレル・モーションである。

    Share Button
  • #88『音楽の原理』

    音楽だけがもたらすことのできる本質的な生の手応え(リアリティ)—それは核であると同時に捉えがたい神秘でもあるのだが—へ至る過程を、史実や人間の身体のメカニズムを丹念に解きほぐし、あらゆる照応関係を証左して積み上げた記念碑的な大著。ただの惰性となりかねない、音楽を発する行為や聴く行為を掘り下げるとき、寄す処(よすが)となる新境地がここに拓けたことをまず喜びたい。

    Share Button

Reviews 全記事 ➡︎

Share Button