Reviews on This Issue

  • #1421『Genzo Okabe 岡部源蔵/Disoriental ディスオリエンタル』

    そのほぼすべてに岡部の ”ディスオリエンタル” 意識が反映されていて興味深い。

    Share Button
  •  #1420『ハン・ベニンク、ベンジャミン・ハーマン、ルード・ヤコブス、ピーター・ビーツ/The Quartet NL』

    故人をしのぶような湿っぽい演奏ではなく素材としてミシャの作品を取り上げたもので、ミシャのちょっとひしゃげたような皮肉交じりのユーモアとは一味違った明るく華やかでスインギーなものになっている。

    Share Button
  • #1419『Chris Pitsiokos / Valentine’s Day』

    即興演奏から作曲作品へと進化を続けるNYシーンの若き戦士クリス・ピッツィオコスが、2作目のサックス・ソロ・アルバムを発表した。これまでの過激なインプロヴァイザーのイメージとは異なる、知的で静謐なサウンドを聴かせてくれる。タイトル通り「豊潤な音楽への愛」に溢れた新境地。

    Share Button
  • #1418『The Seasons / Manuel Valera Trio』

    自由奔放、縦横無尽、時にリリカルに響くこのトリオは、マニュエル・ヴァレラがキューバ出身という枠をはるかに超えて、現代ニューヨークのベスト・トリオの一つであることを高らかに宣言した。

    Share Button
  • #1417 『James Brandon Lewis Trio / No Filter』

    堂々としたプレイでメインストリームを歩むJBL。ヒップホップやソウル/R&Bと共存しストリート感覚が爆発した素晴らしい作品である。

    Share Button
  • #1416 『ハン・ベニンク、ベンジャミン・ハーマン、ルード・ヤコブス、ピーター・ビーツ/The Quartet NL』

    硬い事は考えずに、楽しくスイングするジャズを聴きたければ、これを選べばモンクはない。

    Share Button
  • #1415 『ハン・ベニンク、ベンジャミン・ハーマン、ルード・ヤコブス、ピーター・ビーツ/The Quartet NL』

    これは伝統と化したオランダのコンテンポラリーかつコンサーヴァティヴなジャズの姿だと思い、存分に楽しめば良い。ミシャの名を知らぬ人達も一緒に。涙を流す必要など無いのである。

    Share Button
  • #1414『Genzo Okabe 岡部源蔵/Disoriental ディスオリエンタル』

    私はこのアルバムに対して極めて「不安な希望」を持っている。

    Share Button
  • #1413『Brandon Seabrook / Die Trommel Fatale』

    ニューヨークの即興・ジャズシーンにおいて、多面的な活動を続けるブランドン・シーブルック。悪夢的で不穏、また愉快でもある騒乱は聴く者の記憶に刷り込まれる。

    Share Button
  • #1408 『V.A. / Tokyo Flashback P.S.F. 〜Psychedelic Speed Freaks〜』

    日本の地下音楽を世界に広めたPSFレコードの最後の作品。22組のアーティストが未発表・新録音トラックを提供、トータル150分を超える大作。スタイルも方法論も録音状態もバラバラながら、全体を曰く言い難いひとつのカラーというか香りのようなものが貫いている。それを言い表そうとすると「サイケデリック」という言葉が最も適切だろう。

    Share Button
  • # 1190『Chris Pitsiokos, Philip White/PAROXYSM』『Weasel Walter and Chris Pitsiokos/Drawn and Quartered』

    NYハードコアジャズの新星クリス・ピッツイオコスが2015年前半にリリースした2作のアルバムは、「ジャズ」の概念を拡張するニューヨーク即興シーンの鮮烈なドキュメントである。

    Share Button

Reviews 全記事 ➡︎

Share Button