#1403『Dominic Miller / Silent Light』

閲覧回数 6,659 回

Text by Hideaki Kondo

ECM, ECM2518

Dominic Miller (Guitar, Electric Bass)
Miles Bould (Drums, Percussion)

  1. What You Didn’t Say (Dominic Miller)
  2. Urban Waltz (Dominic Miller)
  3. Water (Dominic Miller)
  4. Baden (Dominic Miller)
  5. En Passant (Dominic Miller)
  6. Angel (Dominic Miller)
  7. Chaos Theory (Dominic Miller)
  8. Fields Of Gold (Gordon Mathew Sumner)
  9. Tisane (Dominic Miller)
  10. Valium (Dominic Miller)
  11. Le Pont (Dominic Miller)

Recorded March 2016/Rainbow Studio, Oslo
Produced by Manfred Eicher

パット・メセニー以降のフュージョン・ギターの流れにあるギタリストによる、通算14作目のアルバム。全編アコースティック・ギターによる演奏。ソロギターもしくは打楽器とのデュオで、1曲のみギターとベースのオーバーダビングを施している。曲は、1曲を除いて自作。

英米のポピュラー和声を用い、チェンジとメロディに還元されたソングライティングが行われている。形式は、11曲中9曲がアメリカンソング形式。演奏は、全曲ともソロアドリブと呼べる演奏は行われず、チェンジとメロディを定めた曲が、押さえたコードフォームのうちで処理される。英文ライナーではラテン音楽(M4)やケルト音楽(M10)などを例に国際色の強いアルバムと語られているが、これらの特徴を鑑みるに、実際には英米型のポピュラー音楽そのものと言えるのではないだろうか。

こうした枠の中で特徴となっているのが、極端なまでに限定された表現のあり方と感じた。ダイナミクスはどこを切ってもメゾピアノだけが選択される。音色も同様で、様々な音色を得やすいアコースティック・ギターを選択しながら、同じ音色だけが選択され続ける。和音も現在ジャズ/ポピュラー方面での常套句以外が選択される事は1度もなく(終曲は例外)、常に安定したサウンドカラーとチェンジの中で音が揺蕩う。まるでアクローム絵画を見ているかのような音楽だが、この美的感覚を成立させている根底にあるものに同調できるか、あるいはこのような佇まいをした音楽を自分の生活空間にどう関係づける事が出来るか、聴き手からすればこのあたりの距離感が重要となる作品であると思う。これは、ECMの少なからずの作品に共通する特徴でもある。 (近藤秀秋、2017.4.19)

Share Button
近藤秀秋

近藤秀秋

近藤秀秋 Hideaki Kondo 作曲、ギター/琵琶演奏。越境的なコンテンポラリー作品を中心に手掛ける。他にプロデューサー/ディレクター、録音エンジニア、執筆活動。アーティストとしては自己名義録音 『アジール』(PSF Records)のほか、リーダープロジェクトExperimental improvisers' association of Japan『avant- garde』などを発表。執筆活動としては、音楽誌などへの原稿提供ほか、書籍『音楽の原理』(アルテスパブリッシング)執筆など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.