#1434『Akmee / Neptun』

閲覧回数 3,648 回

text by Narushi Hosoda 細田成嗣

Nakama Records – NKM011CD/LP

Erik Kimestad Pedersen – trumpet
Kjetil Jerve – piano
Erlend Albertsen – double bass
Andreas Wildhagen – drums

  1. Summoning
  2. Dance of the Maniae
  3. Wavelengths
  4. Tides in Space

RECORDED:  Urban Sound Studio by Roar Nilsen, June 2016
MIXED/MASTERED: Hans Andreas Horntveth Jahnsen/Christian Obermayer
PRODUCED: Kjetil Jerve, Andreas Wildhagen, Erlend Albertsen, Erik Kimestad Pedersen


ECM諸作にも通ずる透明感のある音像。なだらかなピアノ・トリオの上を悠然とたゆたうトランペットが印象的なワンホーン・カルテット。ノルウェーのグループNakamaのドラマーを務めるアンドレアス・ウィルトハーゲンらが率いるバンドAkmeeのファースト・アルバムだ。トランペッターのアヴィシャイ・コーエンによるECMリーダー作と聴き比べてみても面白いかもしれない。どこか似た雰囲気を感じるところもあるのだが、Akmeeの演奏にはマンフレート・アイヒャーの美学からは突き抜けていくアグレッシヴなフレーズやローファイなミニマリズムがある。本人たちによると本盤には後期コルトレーンからの影響が流れているようだが、濃厚に感じるのはむしろいま現在のノルウェーのシーンと共振する「温度感の低さ」といったところか。

Share Button

細田成嗣

細田成嗣 Narushi Hosoda 1989年生まれ。ライター。佐々木敦が主宰する批評家養成ギブス修了後、2013年より執筆活動を開始。『ele-king』『JazzTokyo』『Jazz The New Chapter』『ユリイカ』などに寄稿。主にアヴァンギャルド/エクスペリメンタルと形容される音楽を紹介するほか、日本の同時代的なノイズ/インプロ・シーンを追跡中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.