#1459『Kubikmaggi / Things』

閲覧回数 1,124 回

text by Narushi Hosoda 細田成嗣

Ulitka Records – U 030

Ksenia Fedorova: vocals, piano, gusli
Max Roudenko: bass, melodica
Ilya Varfolomeev: drums, percussion
Alexander Timofeev: saxophone

Choir(track3): Artem Kochurov, Aydar Abdrakhmanov, Ilya Varfolomeev, Max Roudenko, Vlad Avy, Egor Yurkevich

  1. Japanese
  2. Gusli
  3. Schostak
  4. Pompeii
  5. Summertime [Vlad Avy ]
  6. Hangar

Producer: Max Roudenko, Engineer: Henning Svoren, Photography by Fittingoff, Recordied by Daniil Koronkevich, Mixed by Max Roudenko, Mastered by Alan Silverman

Pressed by ООО “Маркон”, Recorded at Ocean Sound Recordings, Mastered at Arf! Mastering


2003年に結成されたKubikmaggiは、ロシア・サンクトペテルブルクを拠点に活動するジャズ・ロック・バンド。何度かのメンバーの変遷を経て2008年にファースト・アルバムを発表、今作が三枚めのアルバムとなる。しばらくはピアノ・トリオ編成で活動していたようであるが、本盤ではサクソフォンが加わったワンホーン・カルテットになっている。とはいえ曲によってはヴォーカルも入っていて、さらに鍵盤ハーモニカやロシアの伝統楽器グースリなども駆使した多彩なサウンドを聴かせてくれる。演奏は上原ひろみを思わせるプログレッシヴ・ジャズ・ロックな音像に、フリー・ジャズや音響派の要素も入り混じった内容で、職人技の生演奏による折衷主義の極北をいくような音楽だ。もちろんジャンルの掛け合わせそのものは目新しいものではないが、囁くような歌声とグルーヴィーなリズムには、現在の新しいジャズの動向とも共振する面白さがある。

Share Button

細田成嗣

細田成嗣 Narushi Hosoda 1989年生まれ。ライター。佐々木敦が主宰する批評家養成ギブス修了後、2013年より執筆活動を開始。『ele-king』『JazzTokyo』『Jazz The New Chapter』『ユリイカ』などに寄稿。主にアヴァンギャルド/エクスペリメンタルと形容される音楽を紹介するほか、日本の同時代的なノイズ/インプロ・シーンを追跡中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.