#1458 『Christian Meaas Svendsen / Avin』

閲覧回数 970 回

text by Narushi Hosoda 細田成嗣

Nakama Records – NKM010CD/LP

Christian M. Svendsen – vocals guitar
Vilde Alnæs – violin
Adrian Løseth Waade – viola
Kaja Fjellberg Petteren – cello
Inga Margrete Aas – double bass
Henrik Munkeby Nørstebø – trombone
Espen Reinertsen – tenor saxophone
Agnes Hvizdalek – vocals

  1. Da du og jeg var vi
  2. Kretsløp
  3. Avin
  4. i Berlin
  5. Katarsis
  6. 11 dager
  7. Tørr og sliten jord

Produced: Christian Meaas Svendsen
Recorded: Dag Erik Johansen, Athletic Sound, Halden, Dec 2016
Mixed: Aleksander Sjølie, Kvadraturen Studios, Jan/Feb 2016
Mastered: Morgan Nicolaysen, Propeller Mastering
Album photo: Emil Gurvin
Make-up: Marte Østensen
Cover design: Christian Meaas Svendsen


ノルウェーのグループNakamaのベーシストとしても知られるクリスティアン・メオス・スヴェンセンによる新作は、アヴァンギャルドかつエクスペリメンタルなこれまでの彼のイメージの斜め上をいくような、極上の「歌もの」に仕上がっている。ブライアン・ブレイドの『ママ・ローザ』を彷彿させるフォーキーな作品で、さらに総勢八名の参加メンバーによって編み上げられていく緻密なアレンジが施された演奏は、近年のラージ・アンサンブルの動向ともリンクする内容だ。もちろん楽曲によっては彼ならではの特異な響きも織り交ぜられていて、それが有機的にまとめあげられている様は、ジム・オルークの『ユリイカ』あたりを引き合いに出してもいいのかもしれない。ロバート・グラスパー周辺の現代ジャズと実験音楽の成果をノルウェーで接続する試みと言うこともできる。いずれにしてもスヴェンセンの関心領域の幅広さと音楽的能力の高さを知らしめる傑作だ。

Share Button

細田成嗣

細田成嗣 Narushi Hosoda 1989年生まれ。ライター。佐々木敦が主宰する批評家養成ギブス修了後、2013年より執筆活動を開始。『ele-king』『JazzTokyo』『Jazz The New Chapter』『ユリイカ』などに寄稿。主にアヴァンギャルド/エクスペリメンタルと形容される音楽を紹介するほか、日本の同時代的なノイズ/インプロ・シーンを追跡中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.