#1483 『Fish From Hell / Moby Dick Wanted !』

閲覧回数 5,946 回

text by 定淳志 Atsushi Joe

 

Freddy Morezon(Mr Morezon 015)

Fish From Hell
Marc Démereau – baritone saxophone, music saw
Fabien Duscombs – drums, percussions
Sébastien “Bakus” Bacquias – contrabass, loops

  1. Océans
  2. La Chasse
  3. Récifs
  4. Rivages Barbares
  5. Moby Dick
  6. Struggle
  7. Le Calme avant la Tempête
  8. Deep
  9. Les Obsessions d’Achab
  10. Le Naufrage

recorded Sep. 2016

フランスのレーベル Freddy Morezon からの最新作(本稿執筆時点)。バリトンサックスを中心としたコードレスサックストリオによる音楽は、タイトルが示す通り、小説家サマセット・モームが『世界の十大小説』の一つに位置付けたハーマン・メルヴィルの古典的名作『白鯨(Moby-Dick)』がテーマで、もともとは2015年3月に創作された音楽劇なのだそうだ。各曲のタイトルも、<大洋><狩り><サンゴ礁><野蛮海岸><モビィ・ディック><死闘><嵐の前の静けさ><海溝><エイハブの執念><沈没>と、作中の様々な場面を表現しており、それぞれ標題音楽として聴くことが可能だ。

トリオはアコースティックなフリージャズのほか、ミュージックソーやらループやらシンバル擦音やらを効果的に使って、一連の音楽劇を盛り立てる。多くの曲で“主演”を務めるバリトンサックスのマルク・デメローは、各場面の情景、表情、感情を、精彩に幅広く演じ分け、非常に高い技倆を感じさせる。<狩り><死闘><エイハブの執念>といった曲では、狂気すら感じられる人間側の激しさを表現する一方、<モビィ・ディック>は激しさと同時にどこか哀しみに満ちた存在として描いている(ように聴こえる)のが興味深く、最終曲<沈没>が余韻を残す。

 

 

Share Button

定淳志

定 淳志 Atsushi Joe 1973年生。北海道在住。執筆協力に「聴いたら危険!ジャズ入門/田中啓文」(アスキー新書、2012年)。普段はすこぶるどうでもいい会社員。なお苗字は本来訓読みだが、ジャズ界隈では「音読み」になる。ブログ http://outwardbound. hatenablog.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.