#1495 『ASUNA x Fumihito Taguchi/100×100』

閲覧回数 5,685 回

text:Yoshiaki onnyk Kinno 金野onnyk吉晃

円盤-xx00239 ¥1000(税別)

Asuna:100 keyboards
Fumihito Taguchi:100 portable record players with 100 sea wave records
録音:宇波拓 2016年8月14日@生活工房(東京・三軒茶屋「キャロットタワー」)

高円寺のユニークなレコードショップ「円盤」の店主、田口史人さんが制作したアルバムで、百台のポータブル・レコード・プレイヤーと、百台のポータブル・キーボードを1台ずつ、順次音を出して重ねて行き、全てが鳴ってから1台ずつ減らしてくという演奏、というかライヴ・インスタレーション、1時間18分のドキュメントを記録しています。

田口さんは日本のポータブル・プレイヤーを蒐集しており、その歴史についても研究書をあらわしています。実はこのライヴ、2016年8月、三軒茶屋キャロットタワーで開催された「日本のポータブル・レコード・プレイヤー展」の関連企画として行われたのです。かけているのは全て同じ「波の音」のレコードです。これも数年かけて集めたということです。

次第に濃密になって行き、また消えて行く。これは方法論的には簡単ですが、実現は極めて難しい。ジェルジ・リゲティのやった百台のメトロノームの為の音楽「ポエム・サンフォニック」に似ていますがそれ以上のインパクトです。音源が単純に倍ありますし(笑)。また皿回し的イベントとしては、鈴木昭男さんがポータブル・プレイヤーで昔やっておりましたが、規模が数倍。いろいろな意味でこのCDはちょっと過激です。

ジャケットはなく、鳴らしている会場の風景写真と配置図が表裏になっています。まあ即物的と言えば言えますが、ここまでのアナログ・サウンドを今、どれだけの人がやれるでしょうか。田口さんが唯一無二でしょう。

一緒に演奏しているASUNAさんは金沢出身の、今をときめくマルチ・インストルメンタリストで、<ドローンにアンビエントにエクスペリメンタルにサイケにサウンド・コラージュにノイズにヒップ・ホップにロックにポップ>なサウンドを作ることで世界的にオファーがあるという事なんですが、私はここに紹介する作品しか知りません。情報不足で申し訳ないです。

このCDをご要望の方は下記サイトにアクセスしてください。高円寺の「円盤」のサイトです。

http://enban.web.fc2.com/

 

Share Button

金野 "onnyk" 吉晃

Yoshiaki "onnyk" Kinno 1957年、盛岡生まれ、現在も同地に居住。即興演奏家、自主レーベルAllelopathy 主宰。盛岡でのライブ録音をCD化して発表。 1976年頃から、演奏を開始。第五列の名称で国内外に散在するアマチュア演奏家たちと郵便を通じてネットワークを形成する。 1982年、エヴァン・パーカーとの共演を皮切りに国内外の多数の演奏家と、盛岡でライブ企画を続ける。Allelopathyの他、Bishop records(東京)、Public Eyesore (USA) 等、英国、欧州の自主レーベルからもアルバム(vinyl, CD, CDR, cassetteで)をリリース。 共演者に、エヴァン・パーカー、バリー・ガイ、竹田賢一、ジョン・ゾーン、フレッド・フリス、豊住芳三郎他。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.