#1257 『Jeff Denson Trio / Jeff Denson plus Lee Konitz』

閲覧回数 11,082 回

Text by Kayo Fushiya

Ridgeway Records (2015)
RRCD001

Jeff Denson (double bass & voice)
Lee Konitz (alto sax & voice)
Dan Zemelman (piano)
Jon Arkin (drums)

1. Baby (Lennie Tristano) 3:39
2. Duet (Denson/Konitz) 5:00
3. Blue Skies (Irving Berlin) 4:51
4. East Thirty-Second (Lennie Tristano) 4:30
5. Subconscious Lee (Lee Konitz) 6:08
6. Body and Soul (Green/ Heymann,Sour&Eyton) 5:47
7. Background Music (Warne Marsh) 6:35
8. Kary’s Trance (Lee Konitz) 5:25
9. Skylark (Mercer/Carmichael) 4:49
10. 317 East 32nd Street (Lennie Tristano) 5:14
11. Subconscious Lee (Lee Konitz) 2:52

Recorded at Fantasy Recording Studios Berkeley, CA, February 5-6, 2015
Mixed by Adam Munoz, February 8-9,2015
Mastered at Headless Buddha Studios Oakland, CA, February 21, 2015, Myles Boisen

Produced & arranged by Jeff Denson


進化し続けるリー・コニッツを生き生きと捉えたジェフ・デンソン・トリオの新作

ジェフ・デンソンが立ち上げた自己レーベル”Ridgeway Records”からの記念すべき第一作。近年展開する『Jeff Denson Trio+One』プロジェクトのゲストとして2015〜16年にフィーチャーされているのが、サックスの生きたレジェンドともいえるリー・コニッツ。ジェフとリーとの出会いは2007年、以降『Lee Konitz New Quartet』のメンバーとして共演を重ねている。思えば3年前に聴いたジェフ名義のアルバム『Secret World』でも強く印象づけられたのが、傑出したコントラバスの技倆同様、そのヴォーカル・センスである。ソリッドな構築力をもつ彼の音楽を、ふわりと異次元に解き放つような不思議な魅力があるのだ。今回もその時の印象を引き継ぐものだが、もう一つの嬉しいサプライズは、リー・コニッツによるヴォーカルも加わったこと。新旧ふたりのすぐれたインストゥルメンタリストによる味わい深いスキャット・デュオも要所で堪能できる。音楽人生そのものの凝縮のようなリーの嗄れ声との絡まりは、どこかキッチュでユーモラス、しかし情熱的で、ついつい聴き手も笑みがこぼれてしまう痛快な男の世界。自分の音楽を固定せずに、つねに新境地を求めるリー・コニッツの若い精神に感服する。

さて、ジェフ・デンソンは若くしてダブルベースという楽器で個性を確立した名プレイヤーであると同時に、コンポーザーとしても非常にアカデミックなバックグラウンドを持っている。一聴して肩肘はらない気楽なノリと身上としつつも、リー・コニッツという巨人をアメリカのジャズ史のうえに投影した、かなり練られた楽曲構成がみてとれる。リーの師であるレニー・トリスターノや同門のウォーン・マーシュの作品を配しつつ、シグネチャー・ピースである<Subconscious Lee>も2テイク、そのうちひとつはコントラバス・ソロによるテイクとなっており、これはジェフによるサックスの巨匠への格好のオマージュとなっている。西海岸らしいクリアなサウンド、各プレイヤーを随所で引き立てつつも決して色褪せぬ存在感を示すベース・ライン(シンプルな一音がこのうえなく充実している)、ファンキーに拡張するリー・コニッツの世界—それらが渾然一体となった秀作。華やかなパーソネルながら、まぎれもなくベーシストのアルバムであると納得させる、ジェフ・デンソンのブレない実力派ぶりも再確認。(伏谷佳代)


Jeff Denson Trio’s New Album: Vividly Capturing the Ever-Evolving Lee Konitz

This is the memorable first album released by Ridgeway Records, a self-label launched by Jeff Denson. In recent years, he has been working on the ‘Jeff Denson Trio + One’ project, and as a guest, the renowned saxophonist and living legend Lee Konitz is featured for the years 2015 and 2016. After their encounter in 2007, Jeff and Lee have repeatedly played together as members of the Lee Konitz New Quartet. On reflection, three years ago I heard the 『Secret World』 album released under Jeff’s name, and I was strongly impressed by his surprising vocals as well as his mastership of the double bass. 『Secret World』has a mysterious spellbinding power in which his solidly constructed music is gently set free into a different dimension. This new album too moves these impressions further on, and another delightful surprise is the addition of vocals by Lee Konitz. These two outstanding instrumentalists also treat us to a great scat duet; the veteran and the new talent offering the listener a sumptuous vocal feast. Interaction with Lee’s husky voice, a distillation of his musical life, is somehow both kitsch and humorous, but it offers a glimpse into the passionate and extremely pleasurable world of two men, where the listener will inadvertently let slip a smile. I am struck with admiration for Lee Konitz’s young spirit always seeking new ground without tying down his own music.

Well, Jeff Denson is a star player who established his individual style at a young age with his instrument, the double bass, and also has an academic background as a composer. Although his strong point is relaxed and lighthearted rhythms easily picked up with just one listening, this considerably polished work composition ably projects the leading figure, Lee Konitz, onto American jazz history. In addition to the pieces by Lennie Tristano, a mentor of Lee, and by Warne Marsh, a fellow student, a signature piece “Subconscious Lee” is given 2 takes, one with a double bass solo, the perfect homage from Jeff, the bass, to a great saxophonist. A clear sound reminiscent of West Coast, basslines that demonstrate a never-fading presence (even a simple single note is charged to the max) while completely bringing out each player everywhere, and the funky and widening worldview of Lee Konitz; these elements form a perfect whole in this brilliant album. Although full of stunning personnel, this album is undoubtedly written by a bassist, and certainly reaffirmed my faith in Jeff Denson’s rock steady talent. (Kayo Fushiya)

《Links》
http://www.jeffdenson.com/
http://www.danzemelman.com/
http://www.jonarkin.net/

《Review links》
http://www.archive.jazztokyo.org/five/five915.html
http://www.archive.jazztokyo.org/five/five1136.html
http://www.archive.jazztokyo.org/best_cd_2012b/best_cd_2012_inter_02.html

©James Knox
©James Knox
Share Button
伏谷佳代

伏谷佳代

伏谷佳代 (Kayo Fushiya) 1975年仙台市出身。早稲田大学卒業。幼少時よりクラシック音楽に親しみ、欧州滞在時 (ポルトガル・ドイツ・イタリア) に各地の音楽シーンに通暁。欧州ジャズとクラシックを中心にジャンルを超えて新譜・コンサート/ライヴ評、演奏会プログラムの執筆、翻訳などを手がける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.