#1322 『Sebastian Noelle / Shelter』

閲覧回数 12,917 回

text & photo by Takehiko Tokiwa  常盤武彦

FreshSound – NewTalent FSNT 494

Sebastian Noelle (g)
Marc Mommaas (ts)
Matt Mitchell (p)
Matt Clohesy (b)
Dan Weiss (ds)

  1. Seven Up
  2. Home in a Strange Land
  3. Another Spring
  4. Rolling with the Punches
  5. Day Off
  6. Unlikely Heroes
  7. Mirror Lake
  8. Ahir Bhairav
  9. Naphta vs. Settembrini
  10. You’ll Never Know

Recorded by John Davis at the Bunker Studio, Brooklyn NY on September 23, 2015.

Produced by Sebastian Noelle.

amazon_icon_link_3


ドイツ出身で、2002年からニューヨークを拠点に、ダーシー・ジェイムス・アーギュー・シークレット・ソサエティや、クリス・ポッター・ビッグ・バンドなどで、ラージ・アンサンブルに独特のカラーを加えるプレイで定評のあるセバスチャン・ノエル (g) の、ヨーロッパのレーベルFresh Sound – New Talentからの3枚目の野心作。本作では、ノエルは、ドキュメンタリー・フィルムや、傾倒している北インドの変拍子のリズム、尊敬する先達や、文学作品からの影響を、その音楽で昇華した。
オープニングを飾る“Seven Up”は、イギリスのドキュメンタリー“Upシリーズ”にインスパイアされた作品だ。様々な社会的、経済的バックグランドを持つ14人の少年少女の成長過程を1964年から、7年ごとに追うシリーズの第一回目のタイトルだ。2012年には“56 Up”までリリースされた8作品、13時間に及ぶ大作で、イギリスの庶民の半世紀以上に及ぶ生活を描いている。この異なる社会階層の庶民の葛藤は続く“Home in a Strange Land”でも、ダイナミックに表現される。“Unlikely Heroes”は、自動演奏ピアノで現代音楽を作曲したコンロン・ナンカロウと、ブラジルのマルチ・インストルメント奏者エルメート・パスコアールに捧げられた。この二人の孤高の天才の創作に向かう姿は、ノエルの憧れでもある。即興を主体とした北インドの音楽“Ahir Bhairav”をタイトルに冠した同曲は、ニューイングランド音楽院時代からノエルが傾倒し、現在もブルックリン・ラーガ・マッシヴで学び、インド出身のクラリネット奏者、シャンカー・タッカーと共演した成果が実った。変拍子マスターのダン・ウェイス (ds) と、マット・コーへシー (b) の紡ぐ複雑なリズムにマット・ミッチェル (p) が断片的なハーモニーを載せ、ノエルと共に、インド音楽を探究しているマーク・モマース (ts) の旋律が、ジャズとインド音楽の新たな蜜月を奏でる。“Naphta vs. Settembrini”は、ノエルの母国の文豪トーマス・マンの『魔の山』に登場する哲学的な会話を、交錯するサックスとギターのメロディ、ピアノのバッキング、複雑なリズムのコンビネーションで描く。エンディングの“You’ll Never Know”は、アラン・ホールズワース (g) のヴォイシング・テクニックに触発されて、書かれた。ギター・ソロのイントロから、ロマンティックの雰囲気でチルアウトして、アルバムは完結した。
5月26日のコーネリア・ストリート・カフェでのCDリリース・ギグをチェックした。この日は、ミッチェルに替わって、ジェイコブ・サックス(p)が参加した。ウェイス、コーへシーが紡ぐ複雑なリズムの上で奏でられる、ノエルのウォームなトーンと、メロディアスなフレーズ、モマースのシャープな旋律が絶妙にブレンドされ、美しくも複雑なタペストリーのような音楽が、ヴェニューを包み込んだ。様々な影響が、一人のアーティストのサウンドを通して統合された、見事な瞬間であった。

 

 

 

Share Button
常盤武彦

常盤武彦

常盤武彦 Takehiko Tokiwa 1965年横浜市出身。慶應義塾大学を経て、1988年渡米。ニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アート(芸術学部)フォトグラフィ専攻に留学。同校卒業後、ニューヨークを拠点に、音楽を中心とした、撮影、執筆活動を展開し、現在に至る。著書に、『ジャズでめぐるニューヨーク』(角川oneテーマ21、2006)、『ニューヨーク アウトドアコンサートの楽しみ』(産業編集センター、2010)がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.