#1330 『Greg Ward & 10 Tongues / Touch My Beloved’s Thought』

閲覧回数 18,938 回

text & photo by Takehiko Tokiwa  常盤武彦

GREENLEAF MUSIC GRE-CD-1050

Greg Ward (as)
Tim Haldeman (ts)
Keefe Jackson (ts,bs)
Ben LaMar Gay (cor)
Russ Johnson (tp)
Norman Palm (tb)
Christopher Davis (b-tb)
Dennis Luxion (p)
Jason Roebke (b)
Marcus Evans (ds)

  1. Daybreak
  2. Singular Serenade
  3. The Menacing Lean
  4. Smash, Push, Pull, Crash
  5. With All Your Sorrow, Sing A Song of Jubilance
  6. Grit
  7. Round 3
  8. Dialogue of the Black Saint
  9. Gather Round, The Revolution Is At Hand

Recorded Live by Constellation in Chicago IL.
Mixed and Mastered by Griffin Alan Rodriguez

Produced by Greg Ward, Mike Reed and Roell Smidt.
Executive Producer Dave Douglas

amazon_icon_link_3


シカゴ・ベースで活躍するグレッグ・ワードの10ピース・オーケストラの野心作は、チャールス・ミンガス (b) の『The Black Saint and the Sinner Lady』へのオマージュ作だ。1963年に録音された同作はミンガス自身が「エスニック・フォーク=ダンス・ミュージック」と呼び、一部はバレエのための音楽として制作され、4曲と6つのムーヴメントがシームレスに繋がるジャズ史上に輝く金字塔である。ワードは、シカゴ市が主催し、ジャズ・インステチュート・オブ・シカゴが運営する “Made in Chicago : World Class Jazz Series” のコミッション・ワークとして、『Touch My Beloved’s Thought』を制作した。シカゴの著名なコリオグラファー(振り付け師)のオンイェ・オズズとの共同プロジェクトで、15人のダンサーとのコラボレーション作品である。、ワードのオリジナル曲や、ミンガスの楽曲にオズズ自身とダンサー達が実際に踊り、さらにアイディアを膨らませて6ヶ月をかけて完成させた。「いつもは孤独な作業である作曲が、エキサイティングなプロセスになった」とワードは語る。本作もミンガスの『The Black Saint and the Sinner Lady』と同様に、シームレスに9つの楽曲が繋がり、スモール・ビッグバンドならではのアンサンブルと、インプロヴィゼーション、インタープレイが、絶妙にブレンドされている。ダンサーも参加したパフォーマンスでのライヴ録音だが、音源のみでも高い完成度を誇っている。グレッグ・ワードは2009年から活動したニューヨークから、昨年拠点をシカゴに戻した。本作も現代シカゴの尖鋭的なプレイヤー達が、参加している。ソロは全編にわたりワードが中心に執っているが、デニス・ラクソンは“Singular Serenade”でブルージーなソロ・ピアノを聴かせ、キーフェ・ジャクソンは“Grit”で、骨太なバリトンソロを執る。ベースのジェイソン・ローブックのソロから導かれる“Dialogue of the Black Saint”では、ベン・ラマー・ゲイがミンガスの時代を彷彿させるコルネットの激しいプランジャーを執り、大団円の12分を超える大曲“Gather Round, The Revolution Is At Hand”へと至った。

7月8日のニューヨーク、ジャズ・ギャラリーにおけるリリース・ライヴでは、ワードがシカゴから連れてきたメンバーと、昨年までニューヨークで活動を共にした、ルーカス・ピノ (ts)、ウィリー・アップルホワイト(tb)、マックス・シーガル (b-tb)、ケネス・ソルターズ (ds)が参加し、ニューヨーク/シカゴ混成バンドで、スリリングなプレイを聴かせてくれた。ぜひ、ダンサーも参加したパフォーマンスも体感したい。

Greg Ward & 10 Tongues on Greeleaf Music (サンプル音源)
https://www.greenleafmusic.com/touch-my-beloveds-thought/

Share Button
常盤武彦

常盤武彦

常盤武彦 Takehiko Tokiwa 1965年横浜市出身。慶應義塾大学を経て、1988年渡米。ニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アート(芸術学部)フォトグラフィ専攻に留学。同校卒業後、ニューヨークを拠点に、音楽を中心とした、撮影、執筆活動を展開し、現在に至る。著書に、『ジャズでめぐるニューヨーク』(角川oneテーマ21、2006)、『ニューヨーク アウトドアコンサートの楽しみ』(産業編集センター、2010)がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.