#476 『Keith Jarrett / La Fenice』
『キース・ジャレット/ラ・フェニーチェ』   

閲覧回数 839 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

ECM  ECM2601 / ユニバーサルジャズ UCCE-1172/3

1. Part I
2. Part II
3. Part III
4. Part IV
5. Part V

1. Part VI
2. The Sun Whose Rays (Arthur Gilbert & A. S. Sullivan)
3. Part VII
4. Part VIII
5. My Wild Irish Rose (Traditional)
6. Stella By Starlight (Victor Young / Ned Washington)
7. Blossom
Music by Keith Jarrett

Recorded in concert July 19, 2006 at Gran Teatro La Fenice, Venice

Producer: Keith Jarrett
Engineer: Martin Peason
Mastering: Chrisoph Stickel, Manfred Eicher at MSM Studio, Munchen
Front and back cover photos: Juan Hitters
Liner photos: Roberto Masotti
Design: Sascha Kleis
Executive producer: Manfred Eicher

La Fenice concert produced by Veneto Jazz / Giuseppe Mormile


ライブ録音の収録会場の違いの中から、至近距離で聴く感覚に近い録音手法が取り入れられていることに驚いた。これまでにも、このようなオンマイク録音も存在したが、さらに近接録音での音質的な芳醇さを追求したピアノ録音で、中音域の骨太サウンドは圧巻。場内の拍手まで客席のリアルな表現が怒涛の雰囲気。エンジニアの思考が色濃く現れたサウンドである。


 

Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.