#314 『後藤篤カルテット╱Free Size』

閲覧回数 3,570 回

DOSHIDA RECORDS #001 2000円+税

 

後藤篤 (tb)
石田幹雄 (p)
岩見継吾 (b)
服部正嗣 (ds)

1.Grande Open(後藤篤)
2.Que Sera,Sera(Jay Livingston)
3,GOIM (石田幹雄)
4.Mobius Ⅰ (後藤篤)
5.Mobius Ⅱ (後藤篤)
6.三陸ファイトソング (後藤篤)
7.風花-Kazabana- (後藤篤)
8.Arbre du Tenere-テレネの木(後藤篤)
9.慈雨(後藤篤)
10.Close [Grande Open](後藤篤)

プロデューサー:後藤篤
エンジニア:島田正明
録音:2016年5月9,27,31日アケタの店

 

各楽器の輪郭をエネルギーで表現し、主たるトロンボーンがグサッと立ち上がる音像の組み立てがいい。ピアノの音像を広く確保しベースのセンターに立ち上がる様は、安定感に寄与している。ドラムは距離感を感じさせない表現で構成し、音楽の勢いを失わない録音は好感が持てる。混濁も音楽だ。トロンボーンの表情を巧く捉えた録音に好感を持った。

Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.