#317 『照内央晴 & 松本ちはや/哀しみさえも星となりて』

閲覧回数 2,542 回

Bishop Records EXJP021

照内央晴 Hisaharu Teruuchi (piano)
松本ちはや Chihaya Matsumoto (percussion)

1. Improvisation Ⅰ
2. Improvisation Ⅱ
3. Improvisation Ⅲ

録音:公園通りクラシックスにて 2016年2月21日
Recorded, mixed & mastered by Misumi Kazuhiko
Editing & sound direction: Kondo Hideaki
Directed by Teruuchi Hisaharu & Matsumoto Chihaya

 

音空間に打楽器とピアノ・シロフォンが、優しさと怒濤のサウンド空間を展開する。打楽器の空間を伴った攻撃的サウンドは肉厚を感じ、唐突なサウンドは、打楽器のナマ音の肉厚を感じさせる音質で整えている。録音手法に頼らない自然さは、ピアノのチューニング時を思わせる日常感。演奏時に耳にする弾き手固有のサウンドからも普通の音。しかし、突然、オンマイクのピアノ弦をのぞき込んだ風景展開に驚嘆。やってくれました。お互いを見つめるサウンド構成に、ステージの緊張をわずかの残響が包囲する。
和楽器の太鼓を想像する根底に響く音は謎だ。ドロドロが重量を感じさせ、ちょっと緊張する。巧く録ったなと感心する。
ピアノ演奏で、プリペイドが出来るのは当然だが、それを近接マイクならでのピアノ全体の共振から減衰まで、時間軸の音響変化を微細にダイナミックに捉えて、作品の構成に寄与している。

 

Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.