#319 『Colin Vallon Trio / Danse』

閲覧回数 3,052 回

ECM2517

Colin Vallon (piano)
Patrice Moret (double-bass)
Julian Sartorius (drums)

01 Sisyphe
02 Tsunami
03 Smile
04 Danse
05 L’Onde
06 Oort
07 Kid
08 Reste
09 Tinguely
10 Morn
11 Reste (Var.)

All music by Collin Vallon except #6 by Vallon, Sartorius, & Moret, and #9 by Patrice Moret

Recorded February 2016 at Auditorio Stelio Molo RSI, Lugano
Engineer: Stefano Amerio
Produced by Manfred Eicher

 

ピアノの骨太表現、ベースの超絶近接感、ドラムの切れ味、全体に几帳面な音質管理で楽器表現のキャンバスは透明感を放つ。ソロの音像は、旧来のジャズ・サウンドの仕掛けと同じと言えるが、録音技術面の進化で、輪郭が明確、楽器の音色が、俄然生々しくなったのは周知の通り。
楽器バランスの緻密なミックスには感服。相当に練り込まれたサウンド展開だ。特に表に出てくるピアノはマイキングとリバーブの飾りが、強烈な印象で浮き、これが持続する。ドラムの遠近感は、さすがのバランス。空間感が爽やかさを感じさせ、打楽器に現れない文言を書きたくなる。

https://www.ecmrecords.com/catalogue/1478864419

Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.