#327 『Mehmet Ali Sanlıkol /Whatsnext? featuring Anat Cohen, Dave Liebman, Tiger Okoshi, Antonio Sanchez』

閲覧回数 4,226 回

Dunya 012

Jazz Orchestra (1, 4-6):
Mehmet Ali Sanlikol: keyboards, Moog Prodigy, ney, cumbus, oud, percussion; Anat Cohen: clarinet (1)
Dave Liebman: soprano saxophone (4-6)
Jazz Combo (Tracks 2-3, 7- 9):
Mehmet Ali Sanlikol: vocals, keyboards, continuum fingerboard, Moog Prodigy, piano, ney, zurna, percussion
Nedelka Prescod: vocals (3)
Tiger Okoshi: trumpet (7-8)
Antonio Sanchez: drums (7- 8)

1.The Turkish 2nd Line (New Orleans Çiftetellisi)
2.A Dream in Nihavend
3.Whirl Around
4.Concerto for Soprano Saxophone and Jazz Orchestra in C –
I. Medium Funk, “Rebellion”
5.Concerto for Soprano Saxophone and Jazz Orchestra in C –
II. Ballad, “Reminiscence”
6.Concerto for Soprano Saxophone and Jazz Orchestra in C –
III. Up-tempo Swing, “Resolution”
7.The “Niyaz” Suite – I. A Jazzed Up Devr-i Revan
8.The “Niyaz” Suite – II. An Afro Semai
9.Love Theme from Ergenekon

Directed and produced by Mehmet Ali Sanlıkol
Recorded, mixed and additional production by John Weston at Futura Productions – Roslindale, Massachusetts USA
Mastered by John Weston at Futura Productions

ビッグバンド編成。音質的に深い印象はない。空間の容積を感じる録音で、混濁感がないダイナミックさが注目される。ヴォイス、ピアノがイントロを飾り、そのバランスが見事なミックスのトラック。トルコ風打楽器がクラリネットと異国の雰囲気に、録音の努力が窺われるトラック。金管楽器のバランスの整ったボリューム感は見事。圧倒される音像で音量の壁を感じる。終始、謎めいたサウンドの構成が愉快。

*CDレヴュー
http://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-12616/

Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.