#349 『MARU/I can handle it』

閲覧回数 4,181 回

「及川公生の聴きどころチェック」今月の8枚

JUMP WORLD  KATS-1015

MARU (vocal)
Makoto Kuriya (piano, Fender Rodes)
Koichi Osamu (bass, M-1,2,3,4,5,6,&8)
Takahiro “Matz” Matsuoka (percussion, M-1,2&8)
Takayoshi Baba (guitar, M-5,6,&9)
Gennoshin Yasui (percussion, M-4)
Yukiko Ishii (violin, M-2)
Kaori Okada (cello, M-2)
Backing vocal: Makoto Kuriya, Koichi Osamu, Takahiro “Matz” Matsuoka (M-8)

01. Lover Man
02. Getaway
03. Misty
04. Agua De Beber / Water To Drink
05. Doesn’t Really Matter
06. Hallelujah I love Her So
07. Georgia On My Mind
08. Rehab
09. Autumn Leaves
10. Everything Must Change

Recorded by Takahiro Yamagucchi at casis studio home (2016.7.26 & 28) & Studio ATLIO (2016.8.10&29)
Mixed by Neeraj Kajhanchi at NK Studio, Tokyo
Mastered by Akihito Yoshikawa at Studio dede
Produced by Makoto Kuriya & Haruo Mita
All songs arranged by Makoto Kuriya
Directed by Haruo Mita

何となく、特殊なサウンドを感じる。データを参考にすると謎が解ける。
低音部の混濁がサウンドのポイント。楽曲の雰囲気を、大いに盛り上げている。ヴォーカルもナマ音忠実より雰囲気領域に傾倒。ヴォーカルがバックに浮かんでいる様な感触を受ける。これはマジック。

トリオ演奏などは、こじんまり取り囲んでの雰囲気たっぷり。楽器のレンジを広げて雄大なピアノ表現などがない。時にヴォーカルさえレンジを制限したサウンド手法など、聞き手に強い印象を与えるミックスが聴き取れる。

Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.