#368 『Omri Ziegele – Where’s Africa / Going South』

閲覧回数 2,267 回

「及川公生の聴きどころチェック 今月の7枚」

Intakt CD 284 / 2017

Omri Ziegele: Alto Saxophone, Uzbek Flute, Vocals
Yves Theiler: Keyboards, Reed Organ, Melodica, Vocals
Dario Sisera: Percussion, Drums

1. Afreaka (Yves Theiler)
2. Make Me Mad (Omri Ziegele)
3. Laughing Your Tears Away (Omri Ziegele)
4. Will You Marry Me After So Many Years (Omri Ziegele)
5. Space (Yves Theiler Lyrics by Theiler/Ziegele)
6. Yesterday’s Tomorrows (Omri Ziegele)
7. The Milkman Always Paid My Rent (Omri Ziegele)
8. Camel, Where’s My Land (Omri Ziegele: music and lyrics)
9. Ithi Gqi (Johnny Dyani)

Recorded September 22, 23, 2016, at Hardstudios Winterthur by Andreas Neresheimer.
Edits by Dario Sisera, mixed by Andreas Neresheimer and Where’s Africa, overdubs by Where’s Africa, mastered by Andreas Neresheimer.
In cooperation with Radio SRF 2 Kultur.
Produced by Omri Ziegele and Intakt Records. Patrik Landolt.

アルトを包囲するキーボード等の楽器群の扱いが聴きどころ。空間情報はない。ドラム、その他が、オンに迫ってサウンドを造る。アルトがセンターに立ちすくんだ音像で硬い表現。周辺を一定のリズムが包む。ドラム、パーカッション、キーボードは、底辺を崩さず平坦に連続。これがサウンド構築だ。ヴォーカルが加わる。極めて明瞭な近接サウンド。

Photo: Heinz Unger
Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.