#379 『Gary Peacock Trio / Tangents』

閲覧回数 2,356 回

「及川公生の聴きどころチェック」今月の7枚


ECM2533

Gary Peacock: double-bass
Marc Copland: piano
Joey Baron: drums

1. Contact (Gary Peacock)
2. December Greenwings (Gary Peacock)
3. Tempei Tempo (Gary Peacock)
4. Cauldron (Joey Baron)
5. Spartacus (Alex North)
6. Empty Forest (Gary Peacock, Joey Baron, Marc Copeland)
7. Blue in Green (Miles Davis)
8. Rumblin (Gary Peacock)
9. Talkin’ Blues (Marc Copeland)
10. In And Out (Joey Baron)
11. Tangents (Gary Peacock)

Recorded May 2016, Auditorio Stelio Molo RSI, Lugano
Engineer: Stefano Amerio
Produced by Manfred Eicher


さすがECMと決めつけるのは、と感じたが、やはり素晴らしい絶品のサウンド。
当然ながらゲイリー・ピーコックのベースの重々しさの表現力は、脱帽の録音。

音像の在り方が鮮明であり力強さを感じさせ迫ってくる。楽器バランスの在り方が整っている中に、それでも浮き上がる。ピアノもドラムも輪郭が鮮明で存在感を示すが、バランスはしっかり保たれている。この絶妙のミクシング技術は最高の賛辞を贈りたい。ピアノの鮮明さ、ドラムの鮮明さ、サウンドの抜けがいい。顔面にへばり付く音像ではない。高度の判断を迫られるサウンド構成を見事に成し遂げている。

Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.