#388『David Virelles / Gnosis』

閲覧回数 721 回

「及川公生の聴きどころチェック」今月の7本

ECM 2526

David Virelles: piano, marimbula,voice
Román Díaz: lead vocals, percussions
Allison Loggins-Hull: flute, piccolo
Rane Moore: clarinets
Adam Cruz: steel pan, claves
Alex Lipowksi: percussions
Matthew Gold: marimba, xilophone
Mauricio Herrera: ekón, nkonos, erikundi, claves
Thomas Morgan: bass
Yunior Lopez: viola
Christine Chen, Samuel DeCaprio: cello
Melvis Santa, Mauricio Herrera: voice.

1 Del tabaco y el Azúcar
2 Fitití Nongo
3 Lengua I
4 Erume Kondó
5 Benkomo
6 Tierra
7 De Ida y Vuelta I
8 Lengua II
9 De Ida y Vuelta II
10 Nuná
11 Epílogo
12 Dos
13 Caracola
14 Visiones Sonoras
15 De Portal
16 De Tres
17 De Cuando Era Chiquita
18 De Coral.

Recorded May 2106 Avatar Studios, New York
Engineer: Kames A Farber
Mixed December 2016 vy Farber, Eicher and Virelles
Produced by Manfred Eicher

 

『ダヴィ・ヴィレージェス/グノーシス』

鮮明なピアノの音像に切り込んで来るパーカッションが心地良い。
ベースの低音域充満が、音像を大きく感じさせ、今時流行の鮮明さ強調とは一線を画す。
ピアノのサウンドは、ジェームス・ファーバーの技量発揮。混濁が一切なく抜けのいい感触は爽快。パーカッションにエッジの強調がないのも好感がもてる。距離を感じさせる音像の造り方が活きてくる。
低音部を支えるベースの低音の解像の良さは絶品。迫ってくる音量感に絶句。フルートの表現は輪郭にオフを感じ、距離感と総合して素晴らしい。

Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.