#393『波多江崇行 川下直広 小山彰太/Parhelic Circles』

閲覧回数 574 回

及川公生の聴きどころチェック:今月の7本

 

地底レコード B73F  ¥2500+税

波多江崇行 guitar
川下直広 tenorsax
小山彰太 drums

1.Parhelic Circles#1 (Takayuki Hatae,Naohiro Kawashita,Shota Koyama)
2.Parhelic Circles#2 (Takayuki Hatae,Shota Koyama)
3.Mary Hartman Mary Hattman You’ve Got It Made (S.Shafer)

Recorded at Green Chord,Fukuoka, May 1,2017
Mixed and mastered by Noburou Ishizaki

 

『波多江崇行 川下直広 小山彰太/Parhelic Circles(幻日環)』

ライヴ録音の雰囲気を見事に捉えている録音技術だ。全体の楽器バランスが聴き取れる雰囲気から、もしかしてワンポイントで録ったかという印象を感じる。それぞれ、楽器にまとわりつく間接音に注意が走るのだ。ミックスとクレジットに明記されているのでマルチで録ったとしても、秀逸のバランスだ。

楽器の音色が明るいのが、トータルの印象。ドラムスのエッジに、遠近感の違いを感じる、このワザは何だ? オフマイクが有ったとしたら、使い分けの繊細さに喝采だ。

Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.