#418 『姜泰煥ソロ/ライヴ・アット・カフェ・アモレス』

閲覧回数 6,819 回

『Kang Tae-Hwan Solo / Live at Cafe Amores』
NoBusiness Records NBCD 104 / NBLP 113 (Edition of 300 copies)

姜泰煥 Kang Tae-Hwan (alto sax)

CD track list
1. Solo 1
2. Solo 2
3. Solo 3
4. Solo 4
5. Solo 5

LP track list
Side A: Solo 2, Solo 4
Side B: Solo 3, Solo 5

Recorded live on the 8th October 1995 at Café Amores, Hofu, Yamaguchi, Japan by Takeo Suetomi / Concert produced by Takeo Suetomi
Compositions by Kang Tae Hwan
Mastered by Arūnas Zujus at MAMAstudios
Design by Oskaras Anosovas
Cover photo by Kazue Yokoi
Inside booklet photos by Akihiro Matsumoto
Produced by Danas Mikailionis and Takeo Suetomi (Chap Chap Records)
Release coordinator – Kenny Inaoka (Jazz Tokyo)
Co-producer – Valerij Anosov
Release: January 2018
____________________________________________________
アルト・サックスの多様な音色の展開が見事に捉えられている。ライブの制約を超えて、高密度なサウンドをしっかりキャッチ。録音の狙いどころを熟知したマイキングを見たいものだ。倍音成分の伸びがよく、これが音色に大きな貢献をしている。何かに共鳴した音色の装飾が聞こえるが、これが何かは掴めない。会場の床なのか天井なのか。単体マイクのサウンドでは得られない膨らみを感じる。

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。