#438 『R+R=NOW / コラージカリー・スピーキング』』

閲覧回数 5,035 回

ユニバーサル・ミュージック  UCCQ-1085  ¥2,700(税込)*6/15発売予定

(C)Todd Cooper

ロバート・グラスパー(keys,rhodes)
テラス・マーティン(sax, vocoder, keys)
クリスチャン・スコット(tp)
デリック・ホッジ(b)
テイラー・マクファーリン(synth)
ジャスティン・タイソン(ds)

ゲスト:
オマリ・ハードウィック:Omari Hardwick
テリー・クルーズ:Terry Crews
スターリー:Stalley
アマンダ・シールズ:Amanda Seales
アンバー・ナヴラン:Amber Navran
ゴアペレ:Goapele
ヤシーン・ベイ:Yasiin Bey (fka Mos Def)

01. チェンジ・オブ・トーン Change Of Tone
02. アウェイク・トゥ・ユー  Awake To You
03. バイ・デザイン By Design
04. レスティング・ウォリアー Resting Warrior
05. ニーデッド・ユー・スティル feat. オマリ・ハードウィック Needed You Still feat. Omari Hardwick
06. カラーズ・イン・ザ・ダーク  Colors In The Dark
07. ザ・ナイト・イン・クエスチョン feat. テリー・クルーズ  The Night In Question feat. Terry Crews
08. リフレクト・リプライズ feat. スターリー  Reflect Reprise feat. Stalley
09. 彼女=現在 feat. アマンダ・シールズ  HER=NOW feat. Amanda Seales
10. レスポンド Respond
11. ビーン・オン・マイ・マインド feat. アンバー・ナヴラン  Been On My Mind feat. Amber Navran
12. リフレクト・リプライズ – MC Rob G ヴァージョン / Reflect Reprise – MC Rob G Version*
*日本盤のみボーナス・トラック



凄く内容の濃いサウンド。ジャズだけじゃないヒップホップも色濃いサウンド構成で、録音は相当の強者でないと務まらない。ドラムのスネアーだけでも、エフェクトたっぷり。頭からサウンドを理解していないと、録音段階から戸惑うと想像する。ボーカルのエフェクトは存在を強烈に示す。ベースのサウンドも特有の音が支配する。最終ミックスの組み立てはエフェクトが支配。スピーカーの反発力が問われる。キーボードから音像の拡散がでたり、金管の鋭さが飛び出したり、音楽とエフェクトサウンドが妙な感覚に引き込む。

Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.