#446 『Keith Jarrett / After the Fall』

閲覧回数 4,406 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

ECM2590/91

Keith Jarrett(p)
Gary Peacock(double-bass)
Jack DeJohnette(ds)

Disc 1
1. The Masquerade Is Over
2. Scrapple From The Apple
3. Old Folks
4. Autumn Leaves

Disc 2
1. Bouncin’ With Bud
2. Doxy
3. I’ll See You Again
4. Late Lament
5. One For Majid
6. Santa Claus Is Coming To Town
7. Moments Notice
8. When I Fall In Love

Recorded live in concert November 14, 1998
New Jersey Performing Arts Center; Newark, New Jersey
Recording engineer: Alain Leduc
Mastered by Jan Erik Kongshaug at Rainbow Studio, Oslo
Produced by Keith Jarrett
Executive producer: Manfred Eicher


聴き心地のいいサウンド。ピアノの音像をセンター領域に留めている事と、オンマイクながらもアタックの適度な反応が安定感に繫がる。ピアノがバランスの表に出るなかで、ベースの勢いを失わない浮かび方が素晴らしい。音質的にも優れている録音。これが,聞き心地に大きく影響している。ドラムのエッジの太さが、ピアノにかぶらず集中出来るバランス。これは、このトリオを知りつくしたミックス技術に他ならない。

Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.