#450 『RHIZOME 1st album / Plays the Beatles』

閲覧回数 3,579 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

URBAN JAZZ一期一会 151A-0021

吉木稔 (contrabass & Fender-bass)
石川早苗 (lead vocal & chorus)
沢村繁 (pianoforte)
金澤沙織 (drums & chorus)

1. NORWEGIAN WOOD (This Bird Has Flown) (Lennon/McCartney)
2. TAXMAN (Harrison)
3. BLACKBIRD (Lennon/McCartney)
4. I WILL (Lennon/McCartney)
5. I FEEL FINE (Lennon/McCartney)
6. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS (Lennon/McCartney)
7. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS (Harrison)
8. I WANT YOU(She’s So Heavy) (Lennon/McCartney)
9. I AM THE WALRUS (Lennon/McCartney)
10. ACROSS THE UNIVERSE (Lennon/McCartney)
11.ELEANOR RIGBY (Lennon/McCartney)
12. DRIVE MY CAR (Lennon/McCartney)
13. EIGHT DAYS A WEEK (Lennon/McCartney)
14. SHE’S LEAVING HOME (Lennon/McCartney)
15. MARTHA MY DEAR (Lennon/McCartney)

録音:2018年1月25-26日@西東京市民会館(ホール一発録音)
Mix-Down :2018年3月~5月
レコーディング、ミキシング & マスタリング・エンジニア:富 正和、吉木稔
スーパーバイザー:高内春彦
プロデューサー:吉木稔
エグゼクティブ・プロデューサー&レーベル・マネージャー:坂東武博


空間を利用したサウンドは、やはり心地良い感触がする。音の抜けがそうさせるが、カブリがあるので音像に滲みが出る。
これが、また自然な定位感を造る。ピアノ、ドラム、の定位がハッキリする。ベース(アンプ、マイク収録)にも、これらの音源とのミックスに似合う配慮が聴けるのだ。
ボーカルの収録にも、この自然さが浮かぶ。
エンジニアの思考が聞こえて来る。


Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.