#463 『大野えりライブ・アット・ピットイン Vol.1 / ロータス・ブロッサム』

閲覧回数 3,267 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

KIA Records リリース予定:2018.11.18

大野えりEri Ohno (vo.)
川嶋哲郎Tetsuro Kawashima (ts.)
類家心平Shinpei Ruike (tp.)
太田朱美Akemi Ohta (fl.)
石田衛Mamoru Ishida (p.)
米木康志Yasushi Yoneki (b.)
原大力Dairiki Hara (ds.)

CD:
1. Jelly Fish Blues (詞:Andrew Gebert / 曲:Eri Ohno)
2. In Time Of The Silver Rain (詞:Andrew Gebert / 曲:Eri Ohno)
3. Confirmation (詞 / 曲:Charie Parker)
4. Lush Life (詞 / 曲:Billy Strayhorn)
5. The Best Is Yet To Come (詞:Carolyn Leigh / 曲:Cy Coleman)
6. Lotus Blossom (詞:Andrew Gebert / 曲:Billy Strayhorn)
7. Love You Madly (詞 / 曲: Duke Ellington)

DVD:
1.Jelly Fish Blues
2.In Time Of The Silver Rain
3.Lotus Blossom
4.We Were Meant To Be
5.Sharing The Night With The Blues
6.La La La You Are Mine


 

ピンポイントでボーカルの音像が濃厚に迫る。濃厚で肉質感な表現。素晴らしい録音である。ドラムスの強烈なバランスは、ライブの熱狂と捉えていいのかと。曲が変わるとドラムは控えめな空間感を表現。この緻密なバランスが、通して聞くと心地良さを表現する。音像を広げず、それぞれの楽器の存在感を濃厚差でバランスを整える手法は、エンジニアの個性として捉えられる。

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。