#470 『ギドン・ヌネス・ファズ/キャリー・イット・オン』
『Gidon Nunes Vaz / Carry It On』

閲覧回数 826 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

『Gidon Nunes Vaz Sextet / Carry It On!』
Tritone Jazz Records 2017

Gidon Nunes Vaz – trumpet
Caspar van Wijk – tenorsax
Jasper van Damme – altosax
Floris Kappeyne – piano
Tijs Klaassen – double bass
Jean-Clair de Ruwe – drums

1.Night Train Nostalgia (Gido Nunes Vaz)
2.Carry It On! (Gidon Nunes Vaz)
3.On A Clear Day (Lerner & Lane)
4.Fifth Image (Gidon Nunes Vaz)
5.Honeybee’s Lament (Gidon Nunes Vaz)
6.Renkon (Gidon Nunes Vaz)
7.Steeplechase (Charlie Parker)

Recorded in Bitzen, Belgium on March 24, 2017
Recording & mixing by Max Bolleman
Assistance by Marc Bastings
Produced by Tritone Jazz Records


トランペット中心のサウンド構成。ミックス・バランスも、ソロの音量感と音像をセンターに集中させた構成。

混濁のない各サウンドが表に飛びかかる。演奏の勢いを無くさないミックスは注目していい。バランスの緻密なサウンドながら、トゥッティの勢いを失わないサウンドが強い印象を残す。


Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.