#475『Miggy Augmented Orchestra (宮嶋みぎわ) / Colorful』

閲覧回数 881 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

ArtistShare AS0167

Composer / Bandleader: Migiwa Miyajima 宮嶋みぎわ
Trumpets and Flugelhorns: Dan Urness, David Smith, Matt Holman, Nadje Noordhuis
Trombones: John Mosca, Jason Jackson, Jennifer Wharton (bass trombone), Douglas Purviance (bass trombone)
Reeds: Ben Kono (alto saxophone, soprano saxophone, flute, clarinet), Alejandro Aviles (alto saxophone, soprano saxophone, flute, clarinet), Sam Dillon (tenor saxophone, flute, clarinet), Quinsin Nachoff (tenor saxophone, clarinet), Carl Maraghi (baritone saxophone, bass clarinet)
Rhythm Section: Jeb Patton (piano, except 2 and 9), Migiwa Miyajima (piano, on 2 and 9), Jared Schonig (drums), Pete McCann (guitar), 寺尾陽介 (bass)
Guest player: Tomoko Nagashima from Orange Pekoe ナガシマトモコ(voice)

1. Ready?
2. Colorful by Migiwa Miyajima
3. Captain Miggy’s Age of Discovery
4. Find the white line – inspiration on birds
5. The Hi Hat Man
6. Drops into the Sky – dedicated to Kumi Hoshika
7. Awakening
8. Hope for Hope
9. An Ending – I love you

Jay Messina; Recording & Mixing Engineer
Owen Mulholland; Assistant Recording & Mixing Engineer
Recorded at Sear Sound, NYC on August 3 and 4, 2017
Mixed at Sear Sound, NYC on August 17,18, and 24, 2017
Greg Calbi; Mastering Engineer
Mastered at Sterling Sound, NYC on August 25, 2017

♫ 試聴サイト:https://miggymigiwa.net/listen-colorful


面白い音の聴かせ方に仰天。オーケストラのソロが強烈に襲いかかる。リズム・セクションはセンター定位で広がりはない。

その濃厚な音像は直接音の切り立つシャープさで迫る。オーディオの痛快さをくすぐる。管セクションのソロ・ミックスのサウンドは驚愕。重力と表現したくなるオンマイクのサウンドは、長い経験から初めて聴いたと表現したくなるサウンド。このサウンドの傾向は、録音スタジオとスタッフの力が大きく関わっていると思われる。

古典的サウンド・エフェクトが持つ、アナログ音質を積極的に濃厚に使っている。ビッグバンド録音を問う時、大きな話題作であることは間違いない。


 

Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.