#471『さがゆき&アニル・エラスラン /シャドウズ』
『Yuki Saga & Anil Eraslan / Shadows』

閲覧回数 799 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

地底レコード B8 4F ¥2,300+税 (11.18発売予定)

さがゆき (vo.voice, guitar)
アニル・エラスラン (cello)

1.Rapid Eye
2.Tell Me
3.Seaweed Talk
4.Water Wheel
5.Take Off
6.To The Sky

Recorded at Sound & Bar Howl 八丁堀 by 田中篤史 May 22, 2018
Mastered by 近藤祥昭 at GOK Sound
Produced by さがゆき & Anil Eraslan
Co-produced by 吉田光利


ヴォーカル、ヴォイスが、マイクの使い方に熟練していることが大きい。そのことが大きく作用して、表現の中でリップノイズになりそうな部分が避けられている。若干のリバーブ処理が余韻に彩りを添えている。リアルに迫るチェロのサウンドは秀逸。ミックス・バランスの細部にわたるコントロールが素晴らしい。と、いうか、思わずボリュームに手が出る面白さ。

マスタリングの良さも感じ取れる。

Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.