#479 『リッチー・バイラーク・トリオ/トラスト』
『Richie Beirach Trio / Trust』

閲覧回数 742 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

BJL / DDCB-13038  ¥2,315+tax

リッチー・バイラーク Richie Beirach (piano)
デイヴ・ホランド Dave Holland (bass)
ジャック・ディジョネット Jack DeJohnette (drums)

1.What Are The Rules? (Richie Beirach) 6:16
2.Trust (Richie Beirach) 3:45
3. Moor (Gary Peacock) 6:42
4 Jamala (Dave Holland) 5:10
5. Boston Harry (Richie Beirach) 5:14
6. Gargoyles (Richie Beirach) 6:46
7. Nefertiti (Wayne Shorter) 7:10
8. Johnny B. (Richie Beirach) 4:3
9. Rectilinear (Richie Beirach) 5:44

Recorded on February 24 & 25, 1993 at Clinton Studios, N.Y.C.
Produced by David Baker & Kenny Inaoka
Engineer: David Baker


聴きごたえのある肉厚サウンドが迫る。エンジニアの個性が引き立つ。ピアノ・サウンドの中音域の充実は、演奏者の個性を引き立てる。明瞭さより深みで聞かせるベースが、これも特徴。空間を感じさせるドラムの音像は、巨匠エンジニアのお得意とするところ。肉厚感で迫るタムの印象は強く残る。


及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。