#482 『松永貴志/ザ・ワールド・オブ・ピアノ』

閲覧回数 753 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

DiskUnion SCOL1029  ¥2,778+tax

松永貴志 (piano)
安ヵ川大樹 (bass)
広瀬潤次 (drums)

01 Ode To Joy 歓喜の歌 (L.V.Beethoven)
02 For You All すべての君へ (T.Matsunaga)
03 Zen Zen Zense 前前前世 (Yojiro Noda)
04 My Favorite Things 私のお気に入り (Rodgers-Hammerstein ll)
05 TORA-NO-MON 虎ノ門 (T.Matsunaga)
06 Fly Drone Fly 飛べ飛べドローン (T.Matsunaga)
07 Night And Day 夜も昼も(Cole Proter)
08 On The Road 旅の途中 (T.Matsunaga)
09 A Little Hunter リトル・ハンター (T.Matasunaga)
10 Take The A Train A列車で行こう (Billy Strayhorn)
11 Over The Rainbow 虹の彼方へ (Arlen-Harburg)
12 Bolero ボレロ (J.M.Ravel)
13 It’s Like のようなもの (T.Matsunaga)

Recorded at Sound City, August 26&28, 2018
Recording & mixing engineer : Shinya Matsushita
Mastering engineer : Akihito Yoshikawa
Produced by Takashi Matsunaga
Co-produced by Hitoshi Namekawa & Ryoko Sakamoto


音像を左右空間に広げた開放感が強く残る。間近な表現がドラムに強く現れ、ピアノの開放感を意識させられるミクシングが引き立つ。ダイナミックな感触のピアノとベースの掛け合いは、音響的にも面白い。ベース、ピアノのマイキングは、これを意識したかと思わせる。極めて緻密に表現されているミクシングが秀逸。


及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

One thought on “#482 『松永貴志/ザ・ワールド・オブ・ピアノ』

  • 稲岡編集長
    2018年12月2日 at 3:20 PM
    Permalink

    松永貴志 デビュー15周年記念公演『ザ・ワールド・オブ・ピアノ』
    2018.12.21(金)開場 18:30 開演 19:00
    浜離宮朝日ホール 全席指定 ¥5,500(税込)

    松永貴志 (piano)
    安ヵ川大樹 (bass)
    広瀬潤次 (drums)

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。