#483『Gidon Nunes Vaz / Night Life』
『ギドン・ヌネス・ファズ/ナイト・ライフ』

閲覧回数 730 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Tritone Jazz Records

 

Gidon Nunes Vaz (tp,flh)
Jasper van Damme (as,fl)
Casper van Wijk (ts)
Marius van den Brink (p)
Tijs Klaassen (b)
Jean-Clair de Ruwe (ds)
Mor Levin (cl-2)

1.  City Lights
2.  Waltz For Mor
3.  You Won’t Forget Me
4.  The Walk
5.  Sincerity
6.  Thirteen Shades Of Blue
7.  If
All compositions by Gidon Nunes Vaz except 3 by Spielman & Goell and 7 by Joe Henderson.

Recorded at the CvA Studio, Amsterdam, The Netherlands on December 3, 2015 and March 31, 2016 by Lex Tanger. Mixing by Chris Weeda.
Mastering by Darius van Heffteren
Produced by Tritone Jazz Records


切れ味のいいサウンドが痛快。各パートのいずれも、エッジが引き立つ。かなり探求されたマイキングとミクシングで作り上げたサウンドと理解する。ベースの骨太な輪郭と音質、エッジの効いたドラム。硬質な音でまとめたピアノ。これに乗る管セクションの音像のクリアさ。見事な音質配分で仕上げた録音技術が光る。


* Interview (JazzTokyo)
http://jazztokyo.org/interviews/post-32736/

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。