#498 『Elio Villafranca / Cinque』
『エリオ・ヴィジャフランカ/シンケ』

閲覧回数 1,367 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

artistShare AS0161(2CD)

PERSONNEL:
Elio Villafranca – piano
Vincent Herring – alto & soprano sax, flute
Greg Tardy – tenor sax, clarinet
Todd Marcus – bass clarinet
Freddie Hendrix – trumpet
Steve Turre – trombone, bass trombone, conch shells
Ricky Rodriguez – acoustic bass
Lewis Nash – drum set
Arturo Stable – bata drums, congas, palo drums or atabales
Miguel Valdes – bata drums, congas, bombo
Jonathan Troncoso – palo drums or atabales, valsié, barril drum
Nelson Mateo Gonzales – barril, palo drums or atabales
Alexander Lasalle – vocals
Alexander Waterman – cello

NARRATION:
Terrance McKnight

GUESTS:
Wynton Marsalis – trumpet
Leyla McCalla – vocals
Don Vappie – banjo

Disc 1
1. El Rey del Congo”The King Of The Congo”
2. Narration 1
3. Cinque + Narration 2(Part 1)
4. The Capture(Part 2)
5. Canto Ganga de Despedida
6. Narration 3
7. Troubled Waters(Part 3)
8. Rezo Congo
9. Maluagda(Part 1)
10. La Burla De Los Congos( Part 2)
11. Tambor Yuka / Saludo Ganga
12. Madre Agua
13. Indigo + Narration(Part 4)
14. New Sky(Part 2)
15. Narration 5
16. The First Colony(Part 2)
17. Kongo

Disc 2
1. The Night At BWA KAT MAN(Part 1)
2. Palo De Muerto – Llore
3. Kafou Ceremony
4. Narration 6
5. The Night Of Fire(Part 2)
6. Medley Of Congo Songs
7. Mesy Bodye
8. Paseo(Part 1)
9. Conga Y Comparsa(Part 2)
10. Live Conga
11. Canto Ganga A Yegbe De Despedida12. Congo Story
13. Canto Congo A Capella – Maluagda
14. Palo De Muerto

Recording studio : Systems Two Recording Studio, Brooklyn, NY
Recording, mixing and mastering engineers : Mike Marciano & Max Ross
Produced by Jason Olaine & Elio Villafranca
Executive producer : Roberta Brenza


組曲2枚組。音源がガラガラと変化して聴き応えのある音源。パーカッションの切れ味、エッジのきいた表現のサウンドがキューバ語の語りと音空間を作る。この仕掛けとピアノの音創りの表現が、バッサリ対抗。自然で音色に艶を追求したピアノは、やるなあ〜と声が出てしまった。ビッグバンド編成のサウンドとピアノ。ここにもバッサリが。管のソロでの明確さは控えめ。ピアノは音量的にはバランスを崩さないが音像は左右極端に広がる。ソロで浮かび上がるサックスなど音像に工夫があって、ミックスの技量も評価できる。


♫ 関連記事
http://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-31620/

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。