#506 『satoko / Frost Crack』

閲覧回数 1,519 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

SMCD-1003 ¥2,593+tax

satoko (vocal)
牧 知恵子 (piano)
米木 康志 (contrabass)
Sebastiaan Kaptein (drums)

1. Contraction (satoko)
2. Vi Ses (satoko)
3. A Flower Is A Lovesome Thing (Take1) (Billy Strayhorn)
4. Stephany (satoko)
5. Mixologist From Normandy (satoko)
6. Out Of This World (Harold Arlen / Johnny Mercer)
7. Gelpetal (satoko)
8. Prayer (南山雅樹 / satoko)
9. Frost Crack (牧知恵子 / satoko)
10. The Way You Look Tonight (Jerome Kern / Dorothy Fields)
11. A Flower Is A Lovesome Thing (Take2) (Billy Strayhorn)

Produced by satoko
Recorded by Naonori Sakamoto on 26-27 June 2018 at Geimori Studio, Sapporo
Direction Support by  Masaki Minamiyama
Mixed and  Mastered by  Lars Nilsson, Michal Dahlvid and Joar Hallgren at Nilento Studio,

Githenburg, Sweden


スウエーデンのニレント・スタジオ、ミックス・マスタリングが聞きどころのポイント。この肉厚感とエッジの切れの反応に、思わず強烈な印象を。音像に重さを感じる特別な反応を持った。それは、ベースの音作りだ。単にオンマイクの音と簡単に言い切れない秘策を感じる。演奏者の個性を、ここまで引き上げた録音はお見事。ボーカルの自然さに肉質感が溢れ、個性をうまく拾い上げて、ここにもマイキングの秘策を感じる。ミックスの緻密さが見事に浮き上がる。

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。