#882 シャイ・マエストロ・トリオ – ウインター・ジャズフェスト 2016
Shai Maestro Trio – Winter JazzFest 2016

閲覧回数 3,008 回

2016.1.16 23:00 – 24:00

The New School of Jazz and Contemporary Music
5th Floor Theater – 55 West 13th Street, New York
Text and photos by Hideo Kanno 神野 秀雄

Shai Maestro (p)
Jorge Roeder (b)
Ziv Ravitz (ds)
201ShaiTrio2579BWsm202ShaiTrio2593BWsm

ニューヨークでの「ウインター・ジャズフェスト」、第12回目となる2016年は1月15日(金)、16日(土)の2晩を中心に、計5日間、10会場で120グループ以上、600以上のミュージシャンが参加して開催された。今年からThe New School of Jazz and Contemporary Music(ニュースクール大学)が会場のいくつかを提供して余裕が生まれ、ECMプロデューサー、マンフレート・アイヒャーも参加して、ティシュマンズ・オーディトリアムで開催されたのが「ECM @ Winter JazzFest」だった。詳細は今号別記事と次号を参照されたい。結局「ECMⓐWinter JazzFest」だけを2晩ずっと聴いていたが、唯一、別な建物へ出かけて聴いたのが、16日23:00のシャイ・マエストロ・トリオ。これに先立ち、16日19:20 「ECMⓐWinter JazzFest」でのセオ・ブレックマン・エレジーにもシャイは参加し、同日に2つのバンドで聴くことができた。
シャイ・マエストロは1987年2月5日、イスラエル生まれ、5歳からピアノを始め、8歳でオスカー・ピーターソンのジャズに出会う。バークリー音楽大学からの全面的な奨学金をオファーされながら辞退し、ベースのアヴィシャイ・コーエンに誘われてマーク・ジュリアナとともに2006年〜2011年にアヴィシャイ・コーエン・トリオに参加。2009年、ニューヨークに活動の場を移した。
2016年1月にマーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテットで来日直後のシャイ・マエストロ・トリオは、ニュースクール大学の“5階ホール”で演奏した。コットンクラブ終演後、シャイは「このあとニューヨークでは2週間で20公演近く演奏するんだ。」と語っていて(数字は不正確かも)、ウインター・ジャズフェストでも、自己のトリオの他、マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット、ECMでのセオ・ブレックマン・エレジーなどに出演、その活躍とミュージシャン仲間からの人気が止まらない。
満員で立見まで出る5階ホールで深夜の約1時間の公演。トリオの最新作『The Untold Story』からの曲を中心に演奏された。聴く度にシャイのピアノの特別な美しさを再認識する。出典はわからないが、キース・ジャレットが絶讃したというのもわかる。シャイのピアノは児玉桃と同様、見かけの弾き方を超えたコントロールで、ピアノのメカニズムと一体になり絶妙な繊細な音が生まれてくる。しかしそれだけに留まらない。シャイは「自分はスポンジで、何でも吸収する」性格だという、20代にして音楽のアイデアに溢れ、リズム、ハーモニー引き出しを持ち、今回も演奏されたオリジナル1曲1曲の中にさまざまな風景とストーリーがあったし、セットリストも多様だった。その広がる世界を支える二人、ベースのホルヘ・レーダーはペルー、リマ出身、ドラムスのジヴ・ラヴィッツはイスラエル出身。ホルヘのアルコや、ジヴのパーカッション的プレイも含め、いずれもテクニックに裏打ちされた表現力で、シャイの世界観に色彩感と躍動感を与え、優しさと安らぎをもたらしていた。美しさ爽やかさだけでなく、キース・ジャレットに通じるスピリチュアルな響きと、独特のタイム感、それらが生み出す力強さも感じる。
ECMステージでのセオ・ブレックマン・エレジー終演後には、シャイに嬉しそうに声をかけるマンフレート・アイヒャーの姿も目撃された。シャイをECMが放っておくことはないと思うし、ECMがイギリス、ノルウェーなど各国の影響を受けてきたと告白するように、トランペットのアヴィシャイ・コーエンが『Into the Silence』(ECM2482)をリリースしたことも含めて、イスラエル出身ミュージシャンとその仲間たちと結びつくのは必然ともいえる。シャイのECMリーダー作が実現するとしたら、楽しみでならない。いま最も注目されるべきピアニストであるシャイ・マエストロとそのトリオの早期の来日を心待ちにしたいし、多くの方に聴いていただきたい。

【関連リンク】
Winter JazzFest 2016
http://www.winterjazzfest.com
Shai Maestro official website
http://shaimaestro.com/
Jorge Roeder official website
http://www.jorgeroeder.com
『Shai Maestro Trio / Untold Story』 Behind the Scene
https://youtu.be/xjSuVyf7S5Y
『Shai Maestro Trio / Untold Story』 公式PV
https://youtu.be/jwwrknbwVxM
Manfred Eicher on ECM, America and Winter JazzFest (ECM Records 公式YouTube)
https://youtu.be/ufBrh5URwNs
ECM @ NYC Winter Jazzfest‬ (ECM Records 公式YouTube)‬
https://youtu.be/nsAwmNpaADY
Mark Guliana Jazz Quartet 公式PV
https://youtu.be/ME0EVPfzp1I

【JT関連リンク】
マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット 2016
http://archive.jazztokyo.org/live_report/report874.html
『Mark Guiliana Jazz Quartet/Family First』
http://archive.jazztokyo.org/five/five1222.html
『EVERYDAY/YARON HERMAN』by 望月由美
http://archive.jazztokyo.org/best_cd_2015b/best_cd_2015_inter_07.html
第14回 東京ジャズ・フェスティバル 2015
http://archive.jazztokyo.org/live_report/report846.html
ECM – A Cultural Archaeology (Munchen, 2013)
http://archive.jazztokyo.org/live_report/report506ex.html
「ECM: 沈黙の次に美しい音」展(ソウル、2013)
http://archive.jazztokyo.org/live_report/report574.html

 

Share Button

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.